築35年瓦屋根と金属屋根 金属屋根を葺き直しして、よみがえり! 【愛知県知多郡】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさm。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    今日は、金属屋根の補修工事です!
    相変わらず、金属屋根は軒先と棟が問題ですね!

工事の概要

屋根材:金属屋根・瓦棒葺き⇒新規 ガルバリウム鋼板・立平葺き

工期:4日間

築年数:約35年以上

 

金属屋根・瓦棒葺きのさび・腐食 立平葺きに葺き替え

瓦屋根の軒先部が金属屋根・瓦棒葺きとなっている屋根がありました。

約35年以上と古い建物のため、金属屋根がさびて腐食していました。

金属屋根の表面は塗り替えしてあったのですが、軒先・棟の裏面・中がさびていました。

これ以上は、塗装での補修では無理だったので、葺き替えをおススメしました。

上の瓦屋根はまだまだ、問題なく使用できるので、軒先部の金属屋根のみ葺き替えとしました。

メンテナンスしたくないからと金属屋根も瓦にならないの?とお客様に聞かれたのですが、屋根の傾斜が低くなっているので、立平葺きしか対応できませんでした。

金属屋根は全面葺き替えとなりますので、仕上がりはきれいな葺き上がりとなります!

 

工事の前後

工事前の状態

青色の瓦屋根の軒先部が、金属屋根・瓦棒葺きとなっていました。

瓦棒葺きの棟部が瓦屋根の軒先の下に入る形となっていました。

工事中の状態

金属屋根の表面は塗装してあったので、表面には著しいさびはありませんでしたが、屋根に載ると野地板はふかふかしていて、劣化していることもわかりました。

金属屋根をはがしてみると軒先部の裏面のさび・腐食はひどい状態でした。

棟部は瓦の下に入っていたのですが、棟カバー板金をはがしてみると、中はさびさびでした。くぎもさびていました。

棟の中は再塗装もできない場所なので、正直、金属屋根の寿命と言えます。

はがした金属屋根・瓦棒の裏面を並べてみました。

軒先・棟部の裏面はかなりさびていることがわかりました。

瓦棒も軒先は腐朽していました。

補修後の状態

まず、金属屋根・立平葺きの補修が終わりました。

瓦の部分と立平葺きのつなぎ目からの雨水浸入に注意しながら、瓦を葺き直ししました。

瓦を葺き直して、完成です!

これで、また、30年はしっかりと家を守る屋根が完成しました!

 

屋根に関して、ご質問等あれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事