瓦業界の総会で、「瓦屋根を伝える」愛陶工の活動を講演しました!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    昨日は、箱根のホテルで瓦業界の総会に参加しました。
    諸先輩方の前で、「瓦屋根を伝える」という題名で、お話させていただきました。
    緊張しました~~!

瓦業界の総会に参加しました。

神奈川県瓦屋根工業連合会の定期総会へ参加いたしました。

松枝連合会長のもと、厳粛に開催されました。

場所は、箱根湯本ホテルで行われました。

出席者は50名程度だと思いますが、業界の諸先輩方が多数参加されていました。

愛陶工の野口理事長も来賓で出席されていました。

「瓦屋根を伝える」愛知県陶器瓦工業組合の活動報告を行いました。

「瓦屋根を伝える」という題名で、愛知県陶器瓦工業組合の活動報告を行いました。

以下の3つのテーマを発表しました。

・ウォールスタット(耐震シミュレーションソフト)の活用

・大阪府北部地震視察報告

・台風21号屋根被害視察報告

ウォールスタット(耐震シミュレーションソフト)の活用

とくにウォールスタットの活用方法が主でしたので、ポイントをご紹介します!

ウォールスタットとは、耐震シミュレーションソフトのことです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

ここで、お話させてもらったのは、ソフトの内容ではなく、シミュレーションした結果についてです。

シミュレーションは国の研究機関・国総研(国土交通省国土技術政策総合研究所)の中川先生に行ってもらったものです。

その結果から、以下の3つの疑問を説明できます。

①旧耐震基準(S56年前)の金属屋根(軽い屋根)の建物は倒壊しないのか?

②旧耐震基準(S56年前)の瓦屋根の建物を金属屋根(軽い屋根)へ葺き替えしたら、倒壊しないのか?

③瓦が重いから建物が倒壊したのか?

 

みなさま、ちょっと考えてみるとすぐ答えが浮かびますか?

 

①旧耐震基準(S56年前)の金属屋根(軽い屋根)の建物は倒壊しないのか?

先日、建築業界の記者の方にも質問してみました。

すると、「旧耐震基準の金属屋根の建物は倒壊しないと思います。屋根が軽い金属屋根だから。」と答えられました。

一般の方だけではなく、業界の人も「住宅の耐震性の話」は「建物の強さの話」なのに、「屋根の重さの話」だとイメージを刷り込まれているのだな~と驚きました。

是非、このシミュレーション動画を見てください。

旧耐震基準の金属屋根は倒壊する恐れがあります!

だから、新耐震基準へ改定され、2倍程度、強い住宅を造ることになったのです!

 

②旧耐震基準(S56年前)の瓦屋根の建物を金属屋根(軽い屋根)へ葺き替えしたら、倒壊しないのか?

瓦屋根を金属屋根に葺き替えても、耐震診断の評点は0.1ポイント上がる程度です。

普通の旧耐震基準の瓦屋根では、評点が0.5程度なので、0.1ポイント上がっても、0.6と足りません。

旧耐震基準の瓦屋根を金属屋根に葺き替えても、倒壊する恐れがあります!

 

③瓦が重いから建物が倒壊したのか?

①、②から地震で建物が倒壊するのは、「屋根の重さの話」ではなく、「建物の強さの話」なのです。

「建物の強さ」は壁の耐力壁の量・バランスで決まります。

旧耐震基準の瓦屋根の建物でも壁を補強すれば、倒壊しないのです。

シミュレーションでは、瓦屋根そのままで、評点が1.11になるまで、壁を補強しました。

すると、瓦屋根そのままで、建物は倒壊しませんでした。

つまり、屋根材の種類ではなく、「建物の強さ」が重要なのです!

参加者には、なんとなくでも伝わったようで、ほっとしました。

 

これからも、屋根について、情報発信していきたいと思います。

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事