外壁からの雨漏り 土壁・金属サイディングの雨漏り補修【愛知県大府市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    愛知県では、土壁・金属サイディングの外壁がまだまだ残っています。
    強風雨などでは、雨漏りしやすい仕様です。
    その補修内容した事例をご紹介します!

工事の概要

1F天井から雨漏り 上部金属サイディング外壁補修

工期:3日間

築年数:約30年

 

雨漏り補修工事 台風などの強風雨での雨漏り。

「1F天井から雨漏りしているけど、直せますか?」とご依頼をいただきました。

雨漏りしている場所が、玄関の天井だったこともあり、早く確実に直してほしいとのことでした。

雨漏りしている上は、下屋根・下屋根の谷部・外壁・サッシなどがちょうど交わっている部分で、厄介な場所でした。

順番に散水することで、浸入口を特定することができました。

外壁とサッシの取り合い部からの雨漏りでした。

この時代は金属サイディングの中は、土壁となっていて、補修するのに大掛かりとなるため、金属サイディングのカバー工法で補修を行いました。

 

工事のビフォー・アフター

工事前の雨漏り

この壁の下が玄関の天井となっていて、そこから雨漏りしていました。

丁寧な散水調査を実施

順番に散水をして、原因を把握しました。

工事中

今回は、下屋根と壁の取り合い部はしっかりしていたので、金属サイディングのカバー工法を選択しました。

古い金属サイディングの上に胴縁を設置します。

その上に新しい金属サイディングを設置しました。

外壁1面、新しい金属サイディングでカバーしました。

外壁のアフター

サッシと外壁との取り合い部もきれいに納めました。

仮に強風雨で、新しい金属サイディングの中へ雨水が浸入しても、古い金属サイディングの外側から排水される構造となっているので、雨漏りの心配はありません。

建物の状態によっては、カバー工法も補修の1つとなります。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事