垂木(たるき)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    垂木(たるき)とは、屋根構造の主要な部材の1つです。
    屋根に傾斜をつけて、野地板(のじいた)を支えるための斜材です。
    簡単にご紹介します!

垂木(たるき)ってなに?

垂木とは、屋根構造の主要な部材(屋根材、ルーフィング、野地板(のじいた)、垂木)の中の1つです。

屋根に傾斜をつけて野地板支えるための斜材。木材が一般的に使用されています。

下の図で、屋根構造の一例を示します。

実際の建物では、こんな感じです。

上の写真は、屋根を室内側から見たものです。

横方向に母屋(もや)、棟木(むなぎ)、軒桁(のきけた)があり、その上を屋根の傾斜方向に垂木があります。

垂木は母屋、棟木に、くぎ留めとします。

垂木の軒桁への留め付けは、けたへひねり金物、折り曲げ金物又はくら金物を当て、くぎ打ちとし、すべての垂木を留め付けることになっています。

垂木と軒桁をしっかり留め付けしていないと、強風で垂木ごと飛散する被害も発生しています。

垂木のピッチは300~500mmで使用されることが多いです。

垂木の上には、野地板(のじいた)となります。

野地板は垂木にくぎ留めをします。

 

 

住宅のデザインによっては、垂木が軒裏(のきうら)に現れるものがあり、化粧垂木(けしょうたるき)と言います。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事