タッカーってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    タッカーとは、屋根の防水シートを針(ステープル)で固定する工具です。
    針の留め方によっては、屋根からの雨漏りの原因にもなります!
    簡単にご紹介します!

【この記事はざっくりいうと...】

タッカーってなに?

タッカーとは、木工や建築用工具で、シート状や網状のものを固定する際に用いる工具です。

屋根では、防水シート(ルーフィング)を留め付ける際に用います。

タッカー以外には、鋲打機(びょううちき)やステープルガンと呼ばれることもあります。

手動のハンマータッカー、ステープルガンのほかにも、エアー式のステープルガンも使用されています。

上の写真はハンマータッカーです。

ハンマータッカーの先端を防水シートに打ち付けると針が射出される仕組みです。

針(ステープル)

針は事務で使用するホッチキスよりも大きい針(ステープル)を使用します。

針(ステープル)で防水シート(ルーフィング)を野地板へ固定します。

屋根材を設置する前の仮止めの意味合いが強いです。

天候を見ながら、すぐに屋根材が施工できる場合は、タッカー打ちの量を減らすことで、雨漏りリスクを減らすことになります。

また、防水シートが2重に重なりあう部分や垂木(たるき)の上にタッカー打ちすることで、雨漏りのリスクを低下させることができます。

タッカー打ちは防水シートに穴をあけることです。

正しく、タッカー打ちすることが求められています。

打ち損じをした場合は、テープ処理やシーリングで対処する場合が多いです。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事