FRP防水ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    FRP防水とは、陸屋根やバルコニーの表面に設置され、雨漏りを防ぐ役割をしています。
    簡単にご紹介します!

【この記事はざっくりいうと...】

FRP防水ってなに?

FRP防水とは、陸屋根やバルコニーの表面に設置され、雨漏りを防ぐ防水層のことです。

FRPとは、繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの補強材で補強されたプラスチックという意味です。

FRPは強度・耐水性・成型性が優れていています。

FRP防水は、上記の特性を防水に応用したもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れています。

ポリエステル樹脂を塗布した上にガラスマットを張り付け、その上からポリエステル樹脂を含浸させて硬化させ、さらに所定量のポリエステル樹脂を塗布して防水層をつくります。

屋上に施工した場合の層構成(2層)を上の図に示します。

様々な形状に対応しやすく、材質が硬いため、耐衝撃性や耐摩耗性にも優れています。

木造住宅のルーフバルコニー部分では、飛び火認定(屋根防火認定)において、平成27年1月に例示仕様として認められ、耐火構造屋根には基本的に大臣認定は不要となりました。

FRP防水の施工の流れ

①プライマー塗りを行います。

②その上に防水用ポリエステル樹脂を塗ります。

③防水用ガラスマットを張り付けます。

④防水用ポリエステル樹脂を脱気しながら塗ります。

⑤2層目も上記作業を繰り返します。

⑥防水用ポリエステル樹脂(トナー入り)を塗ります。

⑦歩行用の仕上げ塗料を塗ります。

⑧完成です。

FRP防水は、長期間、紫外線に当たることで劣化してしまい、ひび割れが起き割れてしまうので、定期的にトップコートを塗り替える必要があります。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事