窓周りからの雨漏り 外壁と窓の取り合い部をシーリング補修【愛知県安城市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    モルタル壁の窓周りからの雨漏りでした。
    5年前に外壁塗装はしたそうですが、なぜか、窓周りのシーリングはなし。
    シーリング補修した事例を簡単にご紹介します!

工事の概要

モルタル外壁・窓周りからの雨漏り 外壁と窓の取り合い部をシーリング補修

工期:1日間

築年数:約40年

 

モルタル外壁・窓周りからの雨漏り 外壁と窓の取り合い部をシーリング補修しました!

「最近気が付いた1階壁・窓周りからの雨漏りを直して欲しい」とご依頼をいただきました。

1階の壁・窓周りから複数個所、雨染みが発生していました。

築40年経過しているそうですが、5年前に外壁を塗り直ししたそうで、大変きれいな状態でした。

壁は触ってみても、チョーキング現象(指に白い粉が付く)もなく、全く問題ありませんでした。

しかし、窓周りをみると、サッシの横のビスが見える状態で、シーリングされておらず、モルタル壁とサッシの間に隙間が開いていました。

散水調査をしてみると、すぐに、壁の中から水が垂れてきました。

外壁塗装の時に、なぜ、シーリングしなかったのか、不明ですが、シーリングの部分補修だけで完了です!

工事の内容を簡単にご紹介します!

 

工事のビフォー・アフター

工事前

1階の壁・窓周りに雨染みがありました。

外側をみてみると、窓周りが気になりました。

サッシの横のビスが見えています。

下側も同様な状態でした。

そこで、養生をして、散水試験を行いました。

すると、基礎の部分から水が垂れてきました。

サッシと壁の間から水が浸入していることがわかりました。

工事中

外壁と窓周りのシーリング補修を行いました。

プライマー・マスキングテープをセットします。

シーリングを打ち、マスキングテープを取り去ります。

 

工事後のビフォーアフター

補修前

補修後

補修前

補修後

昔のモルタル外壁は、とにかく、ひび割れ・隙間などから雨を入れないことが重要です。

定期的なメンテナンスを行いましょう!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事