「どこのセメント瓦ですか?教えてください。」お問い合わせいただきました!

お客様からお問い合わせいただきました!

「屋根修理の現場がセメント瓦なんだけど、同じセメント瓦があるかな?」

どんなセメント瓦ですか?

「サンプルを送るので、調べてほしい。」

 

お客様から宅急便でセメント系屋根材をお送りいただきました。

早速、箱を開けてセメント系屋根材ちゃを見てみると、

かなり古い・・・。

形状は和瓦の形、屋根に暴露されていたところの表面は、粗い砂が目立ちます。

屋根材の重なり部分は赤色?茶色?の着色がわずかに残っている。

裏面は特徴のある形状・・・。

裏面の真ん中にバッテンの形があります。

屋根材の尻断面はこんな感じ。

桟木に引っかかるように、大きな尻剣もあります・・・。

サイズとしては、働く幅270㎜、全幅305㎜、全長310㎜でした。

社内で調べてみましたが、手掛かりすらありません。

このような現物をいただいた場合、粘土瓦ならある程度わかることも多いのですが、セメント屋根材は??

お客様はいわく、

「セメント瓦は強度がなくなっているので、補修作業中に割れるので、その交換ようにほしい・・・」。

確かに、サンプルを見ると表面のセメント分は経年で浸食され、砂分が露出している。

私から見ると表面着色の塗装に加え、本体のセメント分まで劣化しているので、ホントは全面葺き替えがお勧めですけどね!

 

お願いごと。

どなたか?この屋根材に詳しい方、以下をご教示ください。

①製造元

②入手可能かどうか?

どうぞ、よろしくお願いいたします。

(ちなみに、現場は東北・北海道地方です。)

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事