瓦屋根木造住宅の耐震性能評価 勉強会

木造住宅の耐震シミュレーションソフト
ウォールスタット て知ってますか?

愛知県陶器瓦工業組合と愛知県三河窯業試験場との
共催による年に数回の勉強会に参加しました。

今回は、国土交通省 国土技術政策総合研究所(国総研)の
中川 主任研究官様と中部大学 工学部建築学科 石山 準教授様が
講師として御講演されました。
お二人とも東京大学大学院をご卒業された優秀な方々です。

国総研の中川先生が開発されたウォールスタット
(木造住宅の耐震性能解析ソフト)を
使っての勉強会でした。

解析ソフトと実物の住宅等を倒壊させる実験の結果との
差異はないことも画像を見せて頂きながら納得させて頂きました。

やはり屋根を軽くするだけでは効果がなく、
耐力壁を建物側に配置することが必要であることが
改めて理解できました。

プレカットCAD CEDXMとの連携

今ではウォールスタットとプレカットCAD(CEDXM)との連携が
現在でははかられていて、構造計算ソフト・構造解析ソフトの連携により、
構造計算の普及が更に進み木造住宅の構造品質が向上される
ことが期待されます。

瓦の耐久性、ライフサイクルコスト

中部大学の石山準教授からは、瓦屋根と他素材の屋根との
耐久性とライフサイクルコストについての比較を教えて頂きました。

軽い屋根材は住宅に住み続けるにあたり
再塗装の問題等が発生するので、
瓦屋根でも耐震性をしっかり検討して建てた住宅の方が
最終的にはコストパフォーマンスに優れているとの
お話しでした。

これらの勉強したことを施主様に上手に伝えて
三州瓦をいつまでも日本の住宅に採用して頂けるように
頑張っていかなければと思います。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

神谷社長
住まれている皆様の大切なお家を 風雨・暑い日光から昼夜を問わず 守る屋根。
弊社は住まれている皆さんに成り代わり、卓越し経験豊富なスタッフと共に しっかりと新築・リフォーム・メンテナンスを問わず取り組ませさて頂きます。
  「屋根から笑顔をつくる。」をモットーに、 皆様のお困りごとに、お役立ちさせていただきます。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事