ひと休み・・・【スイーツ】 赤福の朔日餅

伝統の伊勢・赤福の朔日餅(ついたちもち)

今日は屋根とは違う話、大好きなスイーツネタで~す!

縁起物として人気があり、行列に並んで購入する赤福の朔日餅をご紹介!

各月の1日にのみ朝から、販売される「朔日餅」。

毎月、餅の種類が変わる・・・その月に合うお餅。

九月の朔日餅は・・・

九月の朔日餅は「萩の餅(はぎのもち)」その由縁は・・・

「九月、収穫のよろこびを古人は、おはぎをつくって祝いました。

おはぎの小豆を、咲き誇る萩の花に見たてた名です。

ほんのり塩味をきかせた「萩の餅」は、あたたかいお茶とともにお召し上がりください。」

とのことです。

 

萩の餅・・・

おいしそうなおはぎ。

つぶあんの甘~い、おはぎ。

毎月、このように6個入っています。

その日のうちにお召し上がりくださいとなっています。

毎月、味が異なるので、その季節のおいしい和菓子を食べることができるので、1日が楽しみになっています。

 

伊勢・赤福では・・・

この季節に伊勢・赤福に行くと必ず食べるものがあります。

それは・・・

赤福氷(あかふくこおり)。

抹茶こおりの中に、こしあんと白玉が入っています。

伊勢神宮に参拝した後は、冷たいこおりとあんこの甘さがほしくなる~!

赤福と言えば、お土産のイメージが強いのですが、いろいろ工夫してますね~!

さすが、創業300年超えの企業ですね~!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事