瓦カッターってなに?【プロが使う道具/瓦屋根工事】

図解 屋根に関するQ&A

かなりマニアですが、工事でプロが使う道具をご紹介!

Q:瓦カッターってなに?~Q092~

A:押切型(おしぎり)の瓦を割る工具のこと。瓦カッターには上下に付いている頑丈な刃(写真では円盤形)によって、瓦を割りながら切断することができる。瓦1枚切断するのに、10秒程度と簡単であるが、完全に真直ぐ切断することはできないので、施工時に隠れる部分の瓦のカットに使用される。

具体的にはどんなもの?

連続写真で、瓦カッターによる瓦の切断を示します。

瓦カッターの持ち手を引き上げると刃の部分が上がるので、その中に、手で持ちながら瓦を入れる。

切断したい瓦の向きを手で調整して、持ち手を押し下げる。

すると、円盤状の刃が降下する。

押していくと円盤状の刃が瓦を鋭く割っていく。

矢印の部分が円盤状の刃の部分。

約1150℃の高温で焼成され、厚みも14㎜程度ある瓦を手動で割る瓦カッターって、シンプルですが、すごいですよね~!

 

もし、人間なら・・・

もし、瓦カッターが人間の手なら、手が壊れています・・・空手家以外は。

でも、そんな頑丈な瓦を普通の人でも簡単に瓦割りするイベントがあります・・・

その名は、「かわら割道場」・・・

 

驚く程、非日常的な感覚を得る事ができ、ストレス発散できますよ~!

ご興味のある方は、こちらまで。

http://kamisei.co.jp/kwari/index.html

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事