天窓の結露事例!【実は雨漏りではなかった】の巻

天窓の結露事例のご紹介!

天窓から雨漏りしたという話をときどき聞きます。

調査する中で、結露の現場もあります。

簡単に、結露事例をご紹介いたします!

 

こんな感じの天窓。

築20年は経過した現場。

天窓は傾斜屋根に設置され、室内は水平天井となっていました。

天窓と水平天井の間が石膏ボードにクロス仕上げ。

この写真をよく見てみると、

壁のクロスにいくつもの線が見えます。

この線は水が垂れた痕です。

この水垂れにお施主さまが気が付くと、「天窓から雨漏りした~!」という話になります。

 

小屋裏を調べてみる

小屋裏を調べてみると、

天窓と水平天井の間にあるクロス・石膏ボードの裏面を見る事ができました。

20年以上前の関東地方の現場ですが、断熱材の知識がないのか?天窓の壁の部分には、断熱材がありませんでした。

ここに断熱材がないとどうなるのか?

室内では台所で食事を作ったり、浴室があったり、普通の生活で湿気が発生しています。

冬になると室内では、暖房機器も使用します。

そうすると、湿気が天窓の方へ上昇していきます。

一方、小屋裏は換気などで外気と同じで温度が低い状態。

すると、この壁の石膏ボード・クロスは温度が低い状態となっています。

冬の窓ガラスのような状態がこの壁にも発生する。

つまり、窓ガラスと同じように、壁で結露が発生して、壁が濡れる現象となります。

 

お伝えしたいこと。

この場合は、天窓の雨漏りではなく、結露・・・

それも天窓の原因ではなく、建物の断熱性能が原因。

似たような築年数の建物で、天窓部分に断熱材が使用されていない物件をたまに見かけます。

雨漏りなのか?結露なのか?補修の方法が異なりますので、ご注意くださいね~!

気になる、もう少し詳しく知りたい方はお気軽にご相談くださいね~!

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事