軒先瓦のあれこれ【日本瓦によるオリジナルデザインの演出】

軒先のデザイン瓦

瓦屋根は軒先部の瓦のイメージが強いと言われています。

この写真のような大きな建物では、軒先部のイメージはそれほど強くありません・・・一般的な住宅とは、ちょっと違うかな?

日本瓦の軒先部は、数多くの種類が存在しています。

F形瓦や化粧スレートなど、他の屋根材では軒先は1種類です。

日本瓦、独特の思想・文化が反映されている場所となります。

軒先瓦の代表例

万十軒瓦

もっとも多く使用されている瓦ですs。

丸形状が印象的ですね!

一文字軒瓦

きれいに仕上げるために、焼き上がった瓦1枚1枚を職人さんが手で加工する高級品です。

この一文字瓦葺きは高度な熟練の技術が必要です。
しかし、プロが施工した一文字軒を見ると一般の方でも、きれいで高級感な屋根だな~と感じていただける瓦・デザインとなっています。

京花軒瓦

表面の部分に、柄(がら)が入った軒瓦。

柄の種類は、時代・地域性によって、異なっている。

聞いた話ですと、この柄によって、江戸時代の瓦なのか?明治時代の瓦なのか?判断できるそうです・・・(いきなり、伝統を感じますね~)

野郎(やろう)軒瓦

野郎(やろう)という名前のわりには、きれいなデザインの瓦だと思います。

万十軒のような出っ張りがないため、スッキリするのかな?

これも瓦の焼きねじ(焼成時の歪み)を職人さんが瓦1枚1枚を加工することで、より綺麗になる商品です。

紋入り指定軒

お施主様の家紋などを軒先の部分に入れた商品です。

店舗や社寺、御屋敷には、高級感をできるアイテムとなっています!

 

軒先瓦が一番目を引く

日本瓦屋根では、軒先が一番、目を引く部分となります。

何十年と続く屋根となりますので、デザインにこだわってもいい部分ですよ~!

紋入り瓦などは、オリジナルデザインとなりますので、いかかですか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事