軽い屋根なら巨大地震でも大丈夫?実は建物の強度の見直しの方が重要です!

軽い屋根と耐震性について、わかりやすくまとめました。

屋根の重さと耐震性について、よく質問を受けます。

それは、巨大地震が発生したときに、瓦屋根の建物が倒壊している映像がニュースで流れ、皆さんの記憶に残っているからだと思います。

瓦屋根だから建物が倒壊したのでしょうか?

いいえ、瓦屋根を倒壊した原因にすることは、本質ではありません。

ではなぜ?

倒壊の原因は建物の強度が不足していたからです。

 

それなのに、リフォーム業界では、「屋根を軽くすればいい」と軽い屋根材を売り込むセールストークが蔓延しています。

これは、正しいことで、お施主さまにとって有益なのでしょうか?

 

軽い屋根と耐震性」について、最近、発表されたシミュレーション結果を交えて、わかりやすくご紹介いたします!

 

古い住宅が倒壊の危険性大。でも屋根が軽ければ大丈夫?

巨大地震で倒壊する建物の多くは古い住宅です。

言い換えると昭和56年より前に建てられた建物(いわゆる、旧耐震基準の建物)です。(これ以降の建物は建設時の強度が増しているからです。)

これら建物に関して、耐震性が不足している可能性が高いので、自治体から補助金をつけて、耐震診断や耐震補強改修を促しています。

旧耐震基準の建物は瓦屋根が多く、今も数多く現役として、頑張っています。

しかし、巨大地震が直撃すると倒壊の恐れが高く、瓦屋根が数多いため、「瓦だから倒壊した」という誤解を招いています。

 

この誤解がなかなか払拭できないので、一般の方にわかりやすく理解していただくことを検討しました。

そこで、でてきた疑問なのですが、

Q:古い建物(旧耐震基準の建物)で、軽い屋根(金属屋根)の場合は倒壊のリスクは低いのでしょうか?

どうなんでしょう?

よくわからないので、専門家の先生に検証していただきました。

国土交通省の耐震シミュレーション(Wallstat)で試してみた。

その方法は、国の研究機関である国土交通省国土技術政策総合研究所の中川先生に、耐震シミュレーション(wallstat)を使って、行っていただきました。

詳細は以下!

 

要するに、

大きな地震がきた時に「家が倒れるか倒れないか」をいろんな条件で試すことができるPCソフトです

はい。ハイテクです!

 

古い建物(旧耐震基準)で軽い屋根(金属屋根)の耐震結果を屋根材別で実験!

それでは、シミュレーション結果をご覧ください。

軽い屋根(金属屋根)

 

軽い屋根(スレート屋根)

はい。

このように、

軽い屋根(金属屋根)でも、建物の強度が不足していれば倒壊するのです。

つまり、

屋根が軽い・重いではなく、建物の強度の有無が重要なのです。

建物強度が不足している場合は、耐震診断をして、建物全体で耐震改修する必要があるのです。

 

屋根だけを軽くすれば耐震?そんな単純じゃない。

次に、「屋根を軽くすれば耐震になりますよ~」

と訪問販売のセールストークについての信ぴょう性も検証していただきました。

旧耐震基準の建物で重い屋根(瓦屋根)を軽い屋根にリフォームしたら巨大地震に耐えることができるのでしょうか?

先ほどのシュミレーターの結果は、

はい、ドン!

 

 

答えは、

瓦⇒金属屋根(もっとも軽い)でも倒壊してしまいます。

さらに、費用対効果を考えますと最悪のリフォームと言えます。

イメージとしては、

200万円以上費用を掛けたのに、巨大地震では倒壊してしまうというリフォームです。
無駄金。。

 

瓦屋根のまま建物を耐震補強した方がお得。

一方、耐震診断を行い、瓦屋根のままで、壁を増やすなどの耐震補強を行った場合はどうでしょうか?

先ほどのシュミレーターの結果は、

はい、ドン!

答えは、

巨大地震に耐えることができます。

でも、費用は高いのですよね?

実は、費用も屋根を金属屋根に替えるより、断然安価(半値以下)です。

まとめ:まずは建物の強度の見直し。屋根を軽くするのはそれからだ。

「軽い屋根」は万能薬ではありません。

建物の強度が重要なのです!

「軽い屋根」のセールストークにはだまされないでくださいね~!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 8 人中 8 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事