通りすがりの瓦屋根。さすがに限界です!メンテしてくださいね~!

通りすがりの瓦屋根。限界ですよ~!

車で移動中に気なる屋根がありました。

職業柄、いろいろな家の屋根に目が行きます。

見かけた屋根は限界でした。

この屋根です。

いぶし瓦の屋根で50年は経過している感じですかね~?

大きな鬼瓦も載っている立派な屋根・・・

よく見ると、

一部、のし瓦が脱落していて、葺き土が丸出し状態。

いぶし瓦のグレーな色の中に、薄い色があれば気が付いてもいいのになあ~?

屋根を見ていないのでしょう・・・

この部分は、その上に軒の出があるので、この状態でもしばらくは雨漏り、劣化にはつながらないかも?

ぎりぎり許せる状態です!

しかし、もう1か所ありました。

 

完全にOUTです!

この部分は完全にOUTです!

瓦がズレ落ちています。

瓦の下にある木部も見えています。

ここまでくると雨漏りしているはずです!

青⇒の方向から雨水が伝わってきます。

完全にズレ落ちて、瓦がない部分に雨水が流れ落ちる状態・・・

下の木部や壁の木部まで、雨水が浸入するので、木が腐朽してきます。

仮に室内に雨漏りしていなくても、このような状態になったら、必ず屋根の補修が必要です。

昔の瓦屋根は瓦の下に葺き土が入っているので、このようなズレが発生する可能性があります。

年に一度は自宅の屋根を見てくださいね~!

特に、台風シーズンはお勧めですよ~!

何か違和感を感じたら、専門業者に点検してもらってくださいね~!

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事