スレート屋根は再塗装すると若返りますよ~! 逆にしないと汚いですね!

スレートを再塗装すると若返りますね~!

築20年を経過した分譲地のスレート屋根・・・

屋根の上から見ると表情がさまざまです。

1回再塗装した塗料もはがれ、色合いがまだら模様。

よく見ると北面はもっと変色がはげしい・・・

黄色のコケが多く発生・・・

もともとの赤色の屋根に、黒色で再塗装。

黒色の塗料もはがれ、黄色のコケ。

いろいろな色が混じった屋根となり、とても残念な屋根・・・

メンテナンスが必要ですね~!

 

となりの屋根は?

となりの屋根を見てみると、

こちらもお疲れです。

こちらは棟の板金が退色して、錆びが発生・・・

コケが全面にビッシリ。

ステンレス製の朝日ソーラーが劣化していないので、違和感ありますね~!

 

他のスレート屋根は?

こちらも一度、再塗装したスレート屋根。

しかし、退色&コケ発生・・・

 

すべてがこの状態なのかというと違います。

再々塗装した屋根は・・・

となりの屋根は再塗装していました。

同時期の分譲住宅でも、屋根・壁を定期的にメンテナンスすれは、全然違いますよね~!

スレート屋根や金属屋根なら、10年に一度は再塗装したいですね~!

本体が劣化する前のメンテナンスが材料を長持ちさせますよ・・・

 

なぜ?スレート屋根にしたの?

「なぜ?スレート屋根にしたの?」

と建築業界の方に質問すると

「安価だから!」という答えが多いのですが、その次に

「デザインがいいから!」という答えもあります。

この2つとも新築時だけを見た発言だと思います!

このデザインがいいとは思わないですよね~!

住宅は新築時が重要ではなく、住んで生活するためのベースだと思いますので、参考にしてくださいね!

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事