長期優良住宅には、通気野地板という考え方。ありだと思います!

通気野地板という考え方。ありだと思います。

長寿命な住宅、安価な維持管理費実現住宅を考えると屋根には、通気野地板ってことになるかも?

サキドリで、通気野地板について紹介しま~す!

屋根構造

屋根は母屋の上に垂木が設置。

垂木の上に通常は野地合板ですが、ここに防水層となる透湿ルーフィングを施工。

垂木の上で落下に注意しながら、透湿ルーフィングをタッカー留め。

垂木以外にはタッカー留めがないため、雨漏りリスクはほとんどなし。

 

これで下地はOKです!

通気野地板

垂木・透湿ルーフィングの上に通気野地板を設置。

通気野地板は杉材9㎜を組み合わせて3層にしたパネル。

通気野地板を垂木に留め付け。

この上に屋根材を施工。

金属横葺を留め付けるビスは防水層まで届かない長さとする。

通気野地板の利点

①室内側から屋根上に向かって、排湿可能!

室内から透湿ルーフィングを通過して、通気野地の杉材の組み合わせ・隙間から湿気の移動が可能。

②通気野地まで来た湿気は通気野地板の杉材の空間を通って、3方向に拡散する。

屋根の端部から外気へ排湿!

③屋根材から浸入した雨水は通気野地板の杉材間を通って、透湿ルーフィング上を流れる。軒先部からとい内へ排水される。

高防水が実現!

④垂木上しかルーフィングに孔が開いていないホールレス仕様が簡易に実現!

①~④により高防水・高耐久の屋根を実現可能!

国総研の耐久性向上共同研究の成果に近い仕様を実現可能!

通気野地板を使用することで、国総研の耐久性向上共同研究の成果に近い仕様を実現可能!

共同研究では通気下地屋根構法という高耐久仕様の屋根を開発!

詳しくは、

【新築・リフォーム/後悔しない家造り】住まい手のためのガイドラインが公開!

この高耐久仕様を通気野地板は簡単に実現できる!

まとめ:高耐久仕様を実現可能とする通気野地板はありだと思います。

通気・高防水・高耐久・高強度を実現できる通気野地板はこれからの野地板と言えます。

どんな屋根材にも対応可能!

透湿ルーフィングとの組み合わせで、長期優良住宅の屋根にはピッタリの仕様と言えます。

詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事