「外壁のクラックからは雨漏りするの?」 クラックの幅だけでは判断できない!ご相談を!

外壁のクラックから雨漏りするの?

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

中古住宅売買物件において、天井に雨染みがあるけど、今も雨漏りしているか調べてほしいと相談がありました。

調査当日の現状では、雨漏りによる水分は観察できませんでした。

⇒現況調査では、雨漏りなし。

併せて、外観チェックを行ったところ、コンクリート壁部分に大きなクラックがありました。

クラックを補修した形跡があるのですが、まだ、大きなクラックが見られました。

クラックの幅としては、0.5㎜以上ある大きなクラックでした。

 

このクラックから雨が入るの?

買主さまから「このクラックから雨は入るの?」とご質問をいただきました。

この部分は居室から出たバルコニーのような部分でしたので、室内へは浸入しないですよとお伝えしました。

すると、「雨漏りにはならないとしても中に入るの?」・・・

 

この建物の図面はなく、はっきりしたことはわかりませんでしたが、以前行った基礎の事例をお伝えしました・・・

 

150㎜幅の基礎コンクリートにおけるクラックの雨水浸入について

150㎜幅の基礎コンクリートのクラックから雨水浸入があるのか?散水してみました。

それ程広くないクラック幅でした。

最大のクラック幅0.25㎜でした。

シャワーで散水をしてみました。

すると、

10分程度で、反対側に染みが発生しました。

クラックが壁内の端から端までつながっていると0.2㎜以上の隙間があれば、水を浸入するそうです。

先程の外壁のクラックは0.5㎜以上なので、クラックがつながっていれば浸入してしまうでしょう。

クラックからの雨水でコンクリート内の鉄筋がさびるため、クラックは補修することをお勧めします。

しかし、室内への雨漏りするかどうか?に関しては、クラックの先が室内までつながっているのか?によります。

 

まとめ:外壁のクラックは雨水浸入の入口にはなり得る!

外壁のクラックは雨水浸入の入口になり得ます。

ただし、雨漏りと直結しているか?どうか?は現場によって異なります。

内部構造によって、危険度が異なりますので、詳しくは専門家にご相談ください!

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事