瓦屋根を調べる本って、何があるの? 「設計士のための三州瓦マニュアル」がありますよ!

瓦屋根を調べる本って、何があるの?

瓦屋根を調べようとしても、本屋さんには、100%ないですね!

図書館ではどうでしょうか?

三州瓦の地元(高浜市、碧南市)の図書館には、ちゃんと置いてあります。

しかし、隣の半田市の図書館にはありません。

ゆえに、ほとんどの図書館には置いてないと思います!

そこで、愛知県陶器瓦工業組合が発行している本をご紹介いたします!

「設計士のための三州瓦マニュアル」があります!

設計士さん向けの本ですが、わかりやすい内容となっています。

三州瓦の基礎知識という技術的なことから三州瓦の施工例、種類、取り組みをご紹介しています!

なぜ?瓦がいいのか?を他の屋根材と比較しながら解説しています!

一般のお施主さまには、少し専門的かも?と思いますが、瓦が丈夫・強いということは何となく感じていただけると思います!

施工例では、和風建築から洋風建築、大型建物に至るまで、さまざまな種類の瓦で、建物にマッチする屋根が実現されていることがわかります。

三州瓦の各メーカーの屋根材が掲載されているため、各メーカーのカタログよりも、いろいろな種類の瓦があり、面白いです!

瓦の設計実務について

設計実務部分は詳細に記載されています。

瓦の一通りのラインナップ!

続いて、製品寸法。

部位別使用箇所の図解もあります。

代表的な役物瓦、特殊瓦、カラーバリエーション、下地の割付と続きます!

簡単な施工手順、CAD図面も掲載しています!

まとめ:瓦屋根を調べるための本として、「設計士のための三州瓦マニュアル」をご紹介!

新築を検討中の方で、瓦を調べたいな~と思った方には、お勧めの本と言えます。

瓦は何がいいのか?

何が弱点で、どう改善されているのか?

どんなデザインが実現できるのか?

など、雰囲気が分かればいい方には参考になると思いますよ!

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事