雨漏り修理で工場に伺ったら・・・? サーモグラフィが役立ちました!

雨漏り修理で工場に伺ったら・・・

みなさま。こんにちは。

我が家と思って心を込めて、誠実に調査、補修いたします!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

先日、工場において、「屋根から雨漏りしているので直して欲しい!」とご依頼いただきました!

雨が降っているときに伺ってみると、

壁際に水溜まりがありました。

水がポタポタ落ちている状態でした。

その上を確認してみると、

真上の配管のフランジに水滴が確認できました!

さらに、真上を確認してみると、

壁と屋根がありました。

壁は濡れている感じはありませんでした。

屋根は少し距離があるので、はっきり濡れは確認できませんでした。

しかし、直観的に何となく雨漏りとは違うなぁ~と感じました。

 

サーモグラフィで見てみると・・・

そこで、屋根の部分をサーモグラフィで撮影しました!

水溜まりの真上を撮影したところです!

白丸の屋根の部分に、雨水が浸入している温度変化が見られませんでした!

その他の撮影からも雨漏りを否定するものばかりでした。

 

配管をよく見ると・・・

再度、水溜まりの真上を確認しました!

配管のつなぎ目がありました。

いろいろな条件から総合的にみて、

配管からの漏水の可能性が高いと判断しました!

 

後日、確認してもらうと・・・

それ以上の調査はせず、まずは天気のいい日でも、水溜まりができるか?確認してもらうことにしました!

配管からの漏水の場合は、天気(降雨)には関係ありません。

結果、降雨に関係なく水溜まりが発生していたそうです!

配管の水漏れを修理して、一件落着!

サーモグラフィが役立った事例です!

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事