~25年経過すると屋根はどうなるの? Q068~ 図解 屋根に関するQ&A

25年経過すると屋根はどうなるの?

図解 屋根に関するQ&A 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

「中古住宅を購入するのに、屋根の補修はどう考えたらいいの?」とお施主さまから質問をいただきました。

Q:25年経過すると屋根はどうなるの? ~Q068~

f:id:capuriclub:20170616112008j:plain

A:瓦屋根(いぶし瓦)の25年経過した屋根はこんな感じ。(愛知県)経年で表面に色むら、雨垂れの痕あり。しかし、いぶし瓦の経年美という印象を受ける。高級感を感じ、とてもメンテナンスを考える状態ではない。色以外は全く劣化していない。

いぶし瓦の場合

f:id:capuriclub:20170616113913j:plain

f:id:capuriclub:20170616114152j:plain

中古物件売買に伴う屋根調査した築25年のいぶし瓦屋根でした。

割れなどもなく、屋根としては問題ありませんでした。

また、後25年は大丈夫な印象です。

化粧スレート屋根の場合

同じ愛知県で、もう一軒、築25年の化粧スレートの屋根がありました。

f:id:capuriclub:20170616114715j:plain

こちらは退色、コケなどの付着が著しい状態です。

f:id:capuriclub:20170616115217j:plain

黄色のコケがビッシリ生えています。

25年前の色が何色かもわからない状態でした。

25年後にこんな状態の屋根になるとは、想像できないですよね~!

お施主さまは後25年住みたいとの要望でしたので、再塗装ではなく葺き替えをすることになりました。

同じ愛知県の25年経過物件でも、屋根の状態は大きくことなるものですね。

ライフプランに合わせた屋根材選びをお勧めいたします。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事