スレート屋根のリフォーム どんな方法があるの?

スレート屋根のリフォームはどんな方法があるの?

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

「スレート屋根のリフォームを考えているが、ガルバリウム鋼板のカバー工法にするか?葺き替えにするか?悩んでいる。」とご相談いただきました!

スレート屋根のリフォームについてまとめてみます。

 

築10~20年のスレート屋根

築10~20年の化粧スレート屋根はメンテナンス時期に来ています。

スレート表面塗装が紫外線劣化により褪色し、コケ等が付着した状態です。

黒色だったスレートが褪色し、さらに黄色のコケが大量に付着しています。

この状態の屋根をどうやってメンテナンスするか?悩みますよね!

 

スレート屋根の知っていてほしい情報をもう少し!

スレート屋根は石綿スレートだったんです!

さらに、この年代のスレート屋根(2004年以前)はアスベスト(石綿)が混入されていました。

石綿スレートという名称で呼ばれていました。

アスベストは非常に危険な発がん性物質です。

国の研究機関で行ったアスベスト飛散試験では、写真のような防護服、防じんマスクをしっかりして行われます。(アスベストの危険性を感じていただけますか?!)

そのアスベストが混入しているスレート屋根の解体・リフォームに関しては、国がいくつかの対策を定めています!

国は石綿障害予防規則を定め、アスベストを含有する建材(化粧スレート)を使用した建物等の解体・改修作業において、石綿ばく露防止対策等の徹底を促しています。

リフォームする上で、石綿ばく露防止対策の順守はお施主さま、その家族、周辺住民、作業者などのアスベスト被ばくを防ぐ唯一の方法となりますので、ご承知ください!

 

スレート屋根のメンテナンス方法

スレート屋根のメンテナンス方法としては、以下の3つが一般的です。

①スレート屋根の「再塗装」

もっとも安価なメンテナンスとなります。

ただし、10年毎に再塗装が必要で、30年目では葺き替えorカバー工法となります。

②「カバー工法による屋根リフォーム」

ガルバリウム鋼板によるカバー工法(古い屋根材の上に新しい屋根材でカバーする方法)が主流です。

ただし、ガルバリウム鋼板も塗装品なので、再塗装が10年毎に必要となります。(もしくは、高耐久塗装品で20年で再塗装)

また、アスベスト入り屋根材をそのまま屋根に残すことは、将来の子供・孫たちへ負の遺産を先送りすることにもなります。

③「現在の屋根材を剥がし野地合板を増し張りして、新しい屋根材に葺き替え」

古いスレート屋根をはがして、新しいスレート屋根に葺き替えた現場です。

えー!!また?と思われる方も多いですよね!

現在のスレート屋根はアスベストが入っていませんので、ご安心ください!

また、高耐久塗装品(グラッサコート)がありますので、こちらにすれば、再塗装の回数が軽減しますよ!

もしくは、古いスレート屋根をはがして、ガルバリウム鋼板に葺き替えもありますね。

 

これら3つの方法はそれぞれ一長一短がありますので、悩みますね。

選び方は?

今後何年住むか?

(10年以内なら再塗装かな!)

今後のメンテナンス費用をどうするか? 

(とりあえず、今回のメンテナンス費用を安価にしたいなら、再塗装かな!)

(長く住み、トータル費用で安価にしたいなら、葺き替えかな!)

の2つをポイントを中心に比較して、選んでくださいね!

 

 

 

まとめ:スレート屋根のリフォームは3つの方法があります!

築15年では、住宅ローンが残っている間のメンテナンスと思われます。

そのため、メンテナンス費の安価な再塗装が多く行われています。

しかし、10年毎に再塗装は結果、割高なので、悩みますよね!

そこで、リフォーム業者さんはその次に安価となるカバー工法ばかりを勧めています。

私は、負の遺産を将来へ引き渡さないように、カバー工法よりは葺き替えをお勧めしています!

 

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事