三州瓦の組合で、ドローンの勉強会! 今後が楽しみですね!

三州瓦の組合で、ドローンの勉強会!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

 

今日は三州瓦の組合(愛知県陶器瓦工業組合)で、ドローンの勉強会に参加しました!

瓦を生産するのに、ドローンはあまり関係ありませんが、瓦が使用される住宅の屋根では何かと使えそうなので、勉強会が実施されました。

ドローンの建築業界における可能性について、講演をいただいた後、実際にフライトを見ました!

ドローンは少し大きめの機種で、幅が120㎝程度あるタイプでした。

カメラの性能が高く、建築業界に適しているそうです!

飛んだ感じは音も静かな印象でした!

アッという間に、2階の屋根まで飛び立ち、安定して撮影していました。

いろいろと撮影のアングルを試してもらう予定だったのですが、雨が降ってきてしまい中止となり残念でした。

ドローンで撮影した画像です。

想像以上にきれいで、屋根の表面はある程度観察可能であることがわかりました!

表面観察以外のドローンの使い方のアイデアが今後、どんどん出てくるのかな?と楽しみが膨らみました。

6㎏の重量を持ち上げることができるそうで、屋根に瓦を2枚届けることができるかも?です。

屋根への宅急便ですね!

ドローンは今後も勉強したいアイテムですね!

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事