瓦屋根の台風被害! 瓦屋根はメンテナンス性がいいですよ!

瓦屋根のメンテナンス性がいいとは?どういうこと?

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

瓦屋根のメリットに1つにメンテナンス性の良さがあります。

一体、メンテナンス性がいいとは?どんな意味なのでしょうか?

わかりやすい事例がありましたので、ご紹介いたします。

 

青銅色(せいどうしょく)・日本瓦の瓦屋根

この写真は緑色の日本瓦屋根です。

青銅色で約30年前によく採用された瓦です。

雪止瓦とは、積雪があった時に雪が屋根から落雪しないように、桟瓦に出っ張りが付いている瓦です。

写真のように、軒先から3段目、4段目に設置する場合が多いです。

 

本題のメンテナンス性についてです。

実は、台風により被害発生

実は、この屋根は台風によって、飛来物が当たり被害のあった屋根なんです!

赤丸の部分に飛来物が当たり、10枚ぐらい瓦が割れてしまいました。

30年前の瓦ですので、他の屋根材ですと補修をどうするのか?大変問題になります。

セメント屋根材や金属屋根材の30年前のものは、ほぼ100%、廃版商品となっています。

そのため、部分補修は不可能となり、この屋根面が葺き替えになることも。

 

瓦はメンテナンス性が良い!

最初の写真はメンテナンス後のものです。

矢印の10枚の瓦を新しく交換しました。

大きさ、色もほとんど同じですね!

写真で見ても、区別がつかない程です。

瓦製造会社も異なる30年前の瓦と現在の瓦に互換性があるのです!

歴史のある瓦ならでは性能と言えます!

瓦屋根の場合、瓦の割れがあっても、このように部分補修が可能となります!

愛知県でお困りの方はお気軽にご連絡ください!

1枚25,000円~で、安価に交換することができますよ!

お問い合わせはこちら

写真・寸法などがありましたら、どんな瓦なのか?探すこともできますよ!

お気軽にお問い合わせください。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事