透湿ルーフィングの屋根を10年点検してみた! コスパもいいですよ!

透湿ルーフィングを使用した屋根の10年点検をしてみた!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

屋根の部材の中で、屋根材と同じくらい重要な部材として、ルーフィングがあります!

「ルーフィング」って、ほとんどの方が初めて聞く名前だと思います。

新築を建てるときも、住宅を購入するときも工務店さん・不動産会社からも一言も説明がないからです。

でも、雨漏りを防ぐ上では、とても重要な部材なので、簡単にご紹介いたします!

 

築10年で小屋裏を点検しました!

このお宅の屋根を点検しました!

屋根材は瓦、ルーフィングは透湿ルーフィングを使用した屋根です!

10年前の施工風景はこんな感じです。

野地合板の上に透湿ルーフィングを貼り付けます。

透湿ルーフィングは瓦の隙間から強風雨時、雨水浸入しても野地合板までは濡らさないようにする防水材です。

さらに、透湿ということで、野地合板からの湿気は外に排湿します!

外からの雨は防ぎ、内からの湿気は排湿するという優れものの防水材料なのです!

透湿ルーフィングの上に、屋根材である瓦が施工されて屋根が完成します!

 

10年点検をしてみると、屋根の表面側は瓦ですので、変色・割れなどもなく、全く問題ありませんでした

続いて、小屋裏を点検です。

北面野地合板を確認しましたが、雨水浸入痕や結露痕もなく、きれいな野地合板でした!

 

南面も棟部も雨水浸入痕・結露痕もなく健全そのものでした!

 

なぜ?健全な野地合板を強調しているのか?

小屋裏を点検しても全く問題がないことをなぜ?わざわざ強調しているのか?と思われた方もいらっしゃるのでは?

実は、この透湿ルーフィングのシェアは約3~5%程度なのです!

滅多にお目にかかることのできない屋根なのです!

透湿ルーフィングがあまり使用されていない理由の1つに、「雨漏りしやすいのでは?」という噂が住宅業界で流れているからです!

でも、実際に、雨漏りした事例を見たことがないので、噂と表現しています!

そこで、築10年の透湿ルーフィングの屋根を点検してみたのです!!

結果、雨漏り痕はなく健全でした!

よって、透湿ルーフィングを使わない理由の「雨漏りしやすい」は気にしなくてもいいと思います!

 

国の研究・実験でも確認しています!

透湿ルーフィングが「雨漏りしやすいのか?」は国の研究でも実験しています!

2017年の建築学会大会でも、国総研の先生から発表されました!

この実験には、私も参加していました。

国立研究開発法人 建築研究所の強風雨発生装置を使用して、送風撒水試験を行いました!

屋根材を施工せず、約95%を占めるアスファルト系ルーフィングと約5%の透湿ルーフィングを同じ架台に施工して、撒水試験を行いました。

ルーフィングを施工するときに、大きなホッチキスの針でルーフィングを野地に留め付けます。

このホッチキスの孔は雨水が浸入しやすいので、屋根材がない状態で撒水することはとても厳しい実験と言えます。

撒水によって、針の孔から漏水するのかを観察しました。

結果、撒水後、透湿ルーフィングをはがして、野地合板を観察しましたが、雨水浸入痕は全くありませんでした!

この実験は、国土政策技術総合研究所の5年間にも及ぶ共同研究の一環で行われました!

その共同研究の成果はこちらから見ることができます。

http://www.nilim.go.jp/lab/hcg/kokusouken-siryou.htm

木造住宅の屋根・壁・基礎を長寿命で健全なものとし、お施主さまが後で、後悔しないようにと多方面からまとめたものです。

全てを見ることは困難ですが、何に気をつけたらいいのか?お施主さま目線でまとめた部分もありますので、ご活用ください。

 

透湿ルーフィングは安全側で、コスパもいいですよ!

まだ、あまり使用されていない透湿ルーフィングですが、商品は大変、安全側です!

室内側からの湿気を排湿することができるのです!

外壁では、約95%、透湿防水シート(透湿ルーフィングの壁タイプ)が使用されています。

なぜなら、室内からの湿気を排湿することができ、結露防止に役立つ安全側だからです!

屋根も同様に透湿ルーフィングがお勧めですよ!

特に、長寿命住宅なら、透湿ルーフィングはメンテナンス周期(50年)が長くなるので、コストパフォーマンスもいいですよ!

 

まとめ:築10年の透湿ルーフィングの屋根は全く問題なし!

築10年の透湿ルーフィングの小屋裏を観察しましたが、健全でした!

雨水浸入痕・結露痕もありませんでした!

国の実験でも、雨漏りしませんでした!

透湿ルーフィングが雨漏りしやすいという噂は気にしなくてもいいですよ!

長寿命住宅なら、断然、透湿ルーフィングをお勧めいたします!

専門用語もあり、わかりにくい所もあったかと思います。

お気軽にお問い合わせください。(お電話でも大丈夫ですよ!)(担当:神谷あきのり)

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事