早いもので、次男が少年野球の卒団を迎えました!

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

先日、次男が少年野球の卒団式を迎えました。

子供たちの成長の早さには、ビックリです。

次男のチームは3年生の時から強く、大会の2、3位によくなっていました。

次男は3年生から入ったので、まだ、キャッチボールもままならない状態で、試合に出ていました。

私の記憶では、やたらデッドボールが多く、ヒットを打っていないのに塁に出ていたイメージがあります。

守備では、ボールが飛んでくると冷や冷やものでした。

今思うと試合の応援には、よく行っていました。

 

それが、だんだん高学年になるにつれて、あまり応援に行かなくなりました。

次男は野球で肘を痛めて、ボールを投げることができず、試合に出なくなったからです。

しかし、次男は試合に出れなくても、練習や試合には休まず行っていました。

試合では、ランナーコーチという役割を任せられていたようでした。

試合に出れないなら、試合は偶に休めばと言っても聞かなかったのですが、次男なりにランナーコーチというポジションで試合に出ている感覚だったのでしょう。

 

卒団でもらった寄せ書きには、監督、コーチ、チームメイトから次男はランナーコーチについてたくさん褒められていました。

 

4年間、次男はしっかり頑張ったんだなぁ〜と改めて感じさせられました。

 

私は残念ながら卒団式にも出席することはできませんでした。

出席していたら、私も泣いていたと思います。

卒団式のビデオが手に入ったら、見て泣こうかなぁ〜?

 

 

次男は最近になって、やっとボールが軽く投げれるようになったようです。

先日、親子試合で、久しぶりに対決しました。

 

f:id:capuriclub:20170221201712j:image

f:id:capuriclub:20170221205820j:image

 

レフトフライでアウト!

 

中学生で対決したら、三振するんだろうなぁ〜?

それも楽しみですね〜!

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事