名古屋城の天守閣内の模型がすごい!

名古屋城の天守閣内の模型がすごい!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

名古屋城の天守閣内にある模型にはびっくりしました。

とても手か込んでいて、細かい作業で、感心しました!

石垣と木造躯体の模型です。

しっかりと屋根にはしゃちほこが載っています!

1/20の模型です。

瓦屋根と銅板葺も棟の鬼瓦など細かいデティールまで、再現されています。

こちらは中のふすまや畳みなどミニチュアが素晴らしいと思いました。

とくに、屋根の部分の木製部品は手が込んでいます。

杮葺の屋根は何枚も重なっているところがビックリです。

軒先の部分の重なりや梁などの組み方はどうやっているのでしょうか?

柿葺の本物が6㎜とすると0.3㎜の板が重なっていることになります。

すごい技術ですね~!

曲面の屋根に対して、杮葺が隙間なく追従しているところもとてもきれいです。

大工さんの天然ものである木を生かす技術は代々引き継がれた知恵のかたまりなんでしょうね。

これら模型たちがたくさん展示してあり、とてもおもしろかったです。

しかし、一般の方がよく見ていたのはこちらの展示品でした。

女の人は細かい建物の模型よりも金の造形物の方が好きですよね!

来年5月から天守閣内は工事のため、入場できなくなります。

5年後の木造の名古屋城が早く見てみたいな~!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事