透湿ルーフィングの施工! 片流れ屋根・太陽光屋根・通気屋根に適してますよ!

透湿ルーフィングの施工 片流れ屋根の通気屋根にて!

長寿命な住宅の屋根において、お勧めのアイテムがあります!

それは!透湿ルーフィングです!

住宅を守る屋根の劣化を防ぐ、まだ、あまり普及していませんが、今後、確実に採用が増えると思います。

ヨーロッパの屋根では、すでに、標準品となっています!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

今後、必ず普及する透湿ルーフィングをサキドリでご紹介いたします!

 

透湿ルーフィングの施工

透湿ルーフィングとは、屋根の野地板の上に使用する防水材のことです。

透湿ルーフィングの上に屋根材が施工されるため、一般の方はほとんど見たことがないと思います。

特長としては、防水材でありながら、湿気は排湿できるという大変優れた性能があります!

衣服などで、内側の汗は蒸発させ、外側からの雨は防ぐものがありますが、それと同じ原理です!

詳しくはこちらをご覧ください。

【新築前に知っておこう】屋根「ルーフィング」の重要性⇒材料指定がお勧めです!

 

片流れ屋根/全面太陽光設置(スマピタ仕様)

この物件は屋根形状が片流れ屋根で、全面太陽光設置(スマピタ仕様)にて、指定材料の透湿ルーフィングを施工したものです。

透湿ルーフィングの上には、屋根材となるスマピタ(通気仕様のガルバリウム鋼板製の屋根材)を設置します。

最大の特長は、透湿ルーフィングとスマピタの間で、通気が可能となっていることです!

ウェーブ状の屋根材の山の部分で通気でき、室内側から透湿ルーフィングを通過した湿気をこの通気で棟から外へ排湿できます!

野地板の結露リスクが大幅に軽減するので、長寿命な住宅の屋根には最適です!

 

屋根の全面にスマピタを施工します。

片流れ屋根の場合は、一般的に、棟からの雨漏り事故が多く発生しています。

透湿ルーフィングを使用すると、棟からの雨漏りリスクも軽減できます!

棟の頂部を屋根から破風・壁へと連続的に透湿ルーフィングで巻くことができます。

この部分が雨漏りの浸入口となりますので、簡単に雨漏りを防ぐことができます!

(アスファルト系ルーフィングではこのように巻くことができません。)

透湿ルーフィングを垂らしておくだけで、後工程の破風施工・壁施工の防水材と連続性が簡単に実現できます!

スマピタの上に太陽光パネルを設置して完成です!

片流れ屋根・太陽光設置屋根とも屋根での結露が心配されているので、透湿・通気が一体化されているスマピタはお勧めの屋根ですよ!

屋根材と太陽光設置架台が兼用となっていますので、価格も安価のシステムです!

 

まとめ:片流れ屋根に透湿ルーフィングを施工しました!

雨漏り・結露で問題とされている片流れ屋根に透湿ルーフィングを施工しました!

透湿ルーフィングの透湿性と破れ強さは片流れ屋根には、適したルーフィングと言えます!

太陽光設置も屋根面結露が指摘されていますので、スマピタ仕様は長寿命な仕様となっています!

 

専門用語もあり、わかりにくい所もあったかと思います。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。(お電話でも大丈夫ですよ!)

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事