今年も家族で熱田神宮にお詣りできました。感謝です!

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

今年も名古屋の熱田神宮へ家族でお詣りすることができました。

結婚式を熱田神宮会館で挙げて以来、ほぼ毎年お詣りしています。

熱田神宮は草薙神劔を祀って1,900年を迎え、三種の神器の一つとして宮中にとどめられているそうです。

 

f:id:capuriclub:20170107171628j:image

 

娘は祖母から教えてもらった手水の作法を自慢気に披露していました。

左手、右手を洗った後、左手の平に水を受け口を洗います。

左手を洗った後、ひしゃくを立てて、ひしゃくの柄を洗います。

 

f:id:capuriclub:20170107172656j:image

 

特に、ひしゃくを立てるところが気に入っているようで、カワイく解説してくれました。

 

熱田神宮の中程に大きな楠木が祀ってあります。

 

f:id:capuriclub:20170107172847j:image

 

大楠と呼ばれ、樹齢1,000年以上だそうです。

七本の大きな楠木があり、通称、七本楠と称し、弘法大師がお手植えされたそうです。

 

その前には、この寒い中、なぜか1本、桜が咲いていました。

 

f:id:capuriclub:20170107195647j:image

 

まだまだ、多くの方が参拝されていました。

 

f:id:capuriclub:20170107173557j:image

 

熱田神宮では、毎年、信長塀でも自撮りをしてしまいます。

 

f:id:capuriclub:20170107173838j:image

 

歴史を感じる場所ですね〜!

塀の上の瓦が似合いますね〜!

 

例年通り、お札と破魔矢を家に持ち帰りました。

 

f:id:capuriclub:20170107200114j:image

 

今年も家族でお詣りできありがとうございました。

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事