早朝から世界遺産・白川郷に行きました!大満足!

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

今日は早朝から世界遺産白川郷に行きました。

 

f:id:capuriclub:20170105191521j:image

 

少し遠いので、真っ暗な時に家を出ました。

高速道路を走っている時に、きれいな日の出を見ることができました。

 

f:id:capuriclub:20170105191849j:image

 

白川郷は粉雪が降っていて、とても寒かったです。

人もまだ少なくとても澄んだ雰囲気でした。

そんな中、子供たちは今シーズン初雪でいきなりはしゃいでいました。

 

f:id:capuriclub:20170105192215j:image

 

白川郷の合掌造り集落に入りました。

 

f:id:capuriclub:20170105192720j:image

f:id:capuriclub:20170105193406j:image

 

1573年以来、代々伝わる御屋敷です。

一重・三階の大形合掌造り民家です。

 

f:id:capuriclub:20170105192954j:image

 

一階には和風の 仏間、客間、縁側がありました。

 

f:id:capuriclub:20170105193638j:image

 

三階は養蚕の作業する大空間となっていました。

 

f:id:capuriclub:20170105194226j:image

 

作業具が展示してありました。

 

小屋裏を覗いてみると黒光りしている柱が並んでいました。

 

f:id:capuriclub:20170105194905j:image

 

何百年もの歳月と暮らしの重みを物語っています。

合掌造りは手を合わせた形に似ていることから名付けられたそうです。

①冬の屋根雪が落ちやすい。

②広い屋根裏を養蚕に活用。

という目的から進化。

三角形の妻部分を大きく取り、屋根裏に光と風をしっかり取り入れ、養蚕に適した空間となっています。

江戸時代中期から昭和40年代前半まで、生業となっていました。

 

 白川郷全体を見渡せる高台から眺めました。

 

f:id:capuriclub:20170105195048j:image

 

合掌造りの建物はほぼ全部、同じ向きで建てられていました。

 

f:id:capuriclub:20170105200039j:image

 

 お寺さんも茅葺き屋根の建物でした。

 

f:id:capuriclub:20170105200145j:image

 

集落の至るところに放水銃の設備が設置されていました。

茅葺き屋根は火事が大敵なので、しっかりシステム化されていますね〜!

 

f:id:capuriclub:20170105201045j:image

f:id:capuriclub:20170105201112j:image

 

さすが、世界遺産、大満足でしたよ〜! 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事