新築時の小動物苦情No.1はコウモリです!瓦屋根の隙間から侵入する事例が多くなっています!!

新築時、以外と多いクレームは小動物なんです!そのNo.1はコウモリです!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

先日の住宅調査において、ウッドデッキの片隅に糞(ふん)が集中して落ちていました。

(一般の方では、気が付かない程度の糞ですが・・・)

 

ウッドデッキに糞?

中古住宅売買物件のため、人・ペットは住んでいません。

なぜ?ウッドデッキに糞が落ちているのか?

f:id:capuriclub:20160919165438j:plain

ちょうど隅っこに集中していました。

見上げてみますと、

f:id:capuriclub:20160919165613j:plain

鉄骨が見えるルーフバルコニーがありました。

その隅っこの隙間を覗きこみますと糞の原因がわかりました。

コウモリがわずかの隙間に入っていたのです!

 

小動物・苦情No.1

新築後、2年以内でお施主様からの小動物・苦情No.1はコウモリだそうです。

よく見かけるコウモリは「イエコウモリ」といって、体長5cm、体重10g程度だそうです。

どこに入るかと言いますと屋根の瓦下に入ることが多いです。

コウモリ自体は1cmの隙間があれば入り込みます。

f:id:capuriclub:20160919170616j:plain

洋瓦や平板瓦などのケラバ部には、瓦が重なることでできる隙間があります。

上の写真の矢印部分で、ちょうど15㎜程度の三角形の隙間です。

15㎜あれば、コウモリは入り込んでしまうのです!

ここの部分から瓦下に入り込むことが多いのです!

夕方、家の端っこからコウモリが飛び立つのを目撃され、苦情となるそうです。

1cmの隙間があればどこでも入る可能性があるため、ゼロにすることはむずかしいのですが・・・

新築後すぐにコウモリが入るのであれば、対策をしてほしいという苦情だそうです。

 

f:id:capuriclub:20160919171234j:plain

実際に屋根で発見されたコウモリの写真です。

コウモリ自体は「野生鳥獣保護法」で指定されている保護動物であるため、殺さずに捕獲するか追い払う対策を行うことになります。

 

瓦屋根のコウモリ対策

新築の瓦屋根においては、あらかじめコウモリ対策としてケラバ部に隙間を隠す面戸を入れることがあります。

f:id:capuriclub:20160919171853j:plain

矢印の黒い万能面戸というものです。

プラスチック製で先端が瓦の形状に追従するため、三角形の隙間もしっかりと埋めることができます。

f:id:capuriclub:20160919172235j:plain

変形して狭い隙間・広い隙間ともに塞ぐことができます。

瓦の施工には支障がありません。

あらかじめこのような対策を行っておけば、瓦施工と同時の対策となるため、安価に行うことができますのでお奨めです。

 

屋根の隙間

瓦屋根の下に入る場合は瓦と下葺き材の間にコウモリがいるため、住宅・建物と考えると不具合は発生していません!

木部が劣化したり、室内への影響はありません!

しかし、屋根と言っても小屋裏に入り込む場合は、建物への影響が考えられます!

例えば、

雨漏りなどで木部の腐朽し、破風板の落下した場合

軒天・妻などの換気孔の部材が外れたりした場合

など、屋根の隙間から小屋裏への侵入口ができると問題は大きくなります。

f:id:capuriclub:20160919172939j:plain

写真のように劣化により破風板が落下して、屋根に隙間がある状態ですと、小屋裏へコウモリが入っていくことなります。

つまり、人が生活しているすぐ上の天井上に野生動物のコウモリがいることになります!

糞尿で天井上が汚れたり、ノミやダニが寄生している可能性があり、不衛生となるので、人体への健康被害が心配となります!

換気孔、破風板、軒天ボードなどが外れた場合は、室内への雨漏りの危険性がなくても早急に修繕されることをお奨めいたします!

お問い合わせはこちら

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事