日本瓦の屋根を塗装していた意味がやっとわかりました!

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

数年前に近くの日本瓦の屋根を塗装していました。

その時、なぜ?瓦を塗装するの?

悪徳リフォーム業者にだまされたのか?と思っていた記憶があります。

 

久しぶりにその屋根を見て、やっと意味がわかりました。

 

f:id:capuriclub:20160727222454j:image

 

よく見ると棟瓦の色と桟瓦の色がかなり異なっています。

 

f:id:capuriclub:20160727223204j:image

 

雨が降ったら特に色の違いがはっきりしました。

 

f:id:capuriclub:20160727223616j:image

 

なぜ?なのかわかりませんが、

棟瓦は粘土瓦のいぶし瓦です。

一方、桟瓦はセメント瓦でした。

 

棟瓦はいぶし瓦の銀色のままです。

一方、セメント瓦の部分は、数年前に塗装した銀色が褪色して黒くなっています。

 

塗装直後は、棟瓦も桟瓦も確かに同じ色でした。

それが数年(5年ぐらい)で、こんなに褪色するとは、改めて屋根の紫外線劣化が激しいことを認識しました。

 

逆に、瓦の耐久性もよくわかりました‼︎

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。