国総研の共同研究 5年間終了しました!

今日で、5年間の共同研究が終了しました。

共同研究の題名は長いですが、「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」となっています。

簡単に言いますと、木造の長寿命住宅を維持するために、それに適した屋根・壁・基礎について、取り纏めましょうと言うものです。

最終会議、総会、納会と最終日は長時間に渡りました。

{FF70473B-F6DA-492F-92B0-20C062A75ABC}

納会の場所から撮った東京ドームの屋根です。

会議の風景はこんな感じです。真剣そのものです。多くの資料が配布・発表され、議論が白熱します。

{506AA935-D4C7-4661-9728-48FE59EA2BE0}

研究の内容については、1年程度で国土技術政策総合研究所(国総研)から発表されますので、触れることはやめておきます。

昨日は最後の締めくくりの総会が開催されました。

参加団体30弱の大規模な共同研究だったのに、最後までみんな参加して、盛大に行われました。

{49BE59B4-E9F0-433A-B530-DA5CF5AF42FB}

記念撮影をしている時の皆様の後ろ姿です。

納会の食事です。

{88474226-8F04-431C-AA3D-6FED470E3CB9}
{C3689478-5D2A-4932-AB4F-7DC1D70B7C70}

 

委員長の石川名誉教授に感謝のデコレーションケーキと記念品の贈呈もありました。

{78327111-88FA-4922-8416-E19766E8F103}

石川委員長と国総研の宮村様は、延べ数百日にのぼる会議を開催され、参加へご指導いただきました。本当にありがとうございました。

住宅の長寿命化のために、屋根・壁・基礎にとって必要なことを網羅的に取りまとめられたと思います。

近い将来、必ずブレイクダウンされて、仕様に生かされると思います。

このような共同研究に関わることができ大変感謝です。

また、たくさんの皆様・先生方にお会いでき、ご指導いただけたこと、誠に感謝感激です。

学んだことをこれからに役立て行きたいと強く思いました。  ヾ(@°▽°@)ノ

 

{F7412E90-1646-4574-8F76-4C6FC42FEDA1}
{298977D4-4E66-4118-868B-F2BA794E3CA2}

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。