【屋根リフォーム】 アスベスト飛散防止対策の講習会に参加しました!

屋根リフォーム アスベスト飛散防止対策の講習会

屋根のアスベスト対策について、研修会に参加しました。

知ってました?10年程度前まで、化粧スレート屋根はアスベスト(石綿)が原料として入っていました!

その化粧スレート屋根をリフォームや解体するときには、アスベストが飛散する恐れがあります。

 

アスベスト飛散防止対策

{B8E89F40-2250-4A9D-BCF0-7458E484FCA8}

その飛散を防ぐ工法の研修会でした。

スレート屋根では、釘・ビスの引き抜き・打ち込みでアスベストが飛散します。

その飛散したアスベストを専用の掃除機で吸い込み飛散を防止するというものです。

{D241B174-FA14-4D5A-ADF4-D66A23B390BF}

まず、座学でアスベストの危険性を学びました。

アスベスト含有成型板はレベル3で、飛散しにくいから問題ないと思われがちですが、アスベスト使用量の95%はレベル3の建材で使われています。

それが野放しではすまないとあらためて思いました。

次に実地研修を行いました。

{8B6731B6-DDEE-417F-9677-58A4173A18B5}

スレート屋根架台で実際の器具の使い方を学びました。

{C651E31A-B592-46F8-BDA2-C00277BF0290}

スレート釘を抜くために、掃除機付き専用の釘抜きを使います。釘と粉じんの両方とも吸い込みます。

さらに、アスベスト用の防じんマスクは必須です。

{C1F43353-2C97-4B44-BB73-6788665E7782}

化粧スレートを降ろした後は、ルーフィングの上も掃除機で吸い取ります。アスベストが下に飛散しているためです。

ルーフィングの上を掃除機がけとは違和感も感じましたが、逆に、それほど危険性があると言うことです。

{940ECA03-4390-4B1B-8B50-548B9DE52761}

掃除機で吸い込んだ釘と粉じんは、トラップボックスに貯まります。

そこに、水を入れて湿潤化処理します。

{25B2162C-B69F-4113-B443-AD10BEF115C7}

湿潤化したアスベスト入り粉じんを布で濾します。

{0CB17536-CEE3-473C-972A-A72A9A98D30E}

濾した布と掃除機のフィルターを2重の袋詰めで密封して、特別管理産業廃棄物処分場へ廃棄します。

{0A5F891C-A29A-4ABC-948D-78BC128629A3}

スレート屋根材は、破断しないように注意しながら、手ばらしで屋根から降ろし、飛散防止のフレコンバックに入れて処分します。

今後、レベル3の処理に関しても行政指導が厳しくなると言われています。

地方自治体の公共物件から、このように工事が進んでいくと思います。

ご自宅の屋根が化粧スレート屋根の場合はご注意ください。リフォーム時期となりましたらカバー工法ではなく、葺き替えによる早めの処分をお奨めいたします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。