撒水試験 (国総研・共同研究)

撒水試験(国総研・共同研究)

つくば市にある(独)建築研究所の実風圧撒水試験機を用いて、実験を3日間行いました。

 

国総研の共同研究において、全国陶器瓦工業組合連合の担当者の1人として、参加しました。

建研1

 

上写真は、送風機です。

送風間口は2m×2mもあります。右側で風を発生させて、左側から出てきます。送風間口から左側に広いスペースが用意されています。離れた場所へも風を送風できる大型設備となっています。

 

建研2

建研3

詳しい内容については、お話できませんが、

送風口の前に、今回は片屋根の架台を設置して、漏水量の測定を行いました。

 

住宅を検討されているお施主さまにとっては、関心の低い屋根ですが、大学の名誉教授や国総研の研究員の方のお知恵をお借りしながら、全陶連のメンバーや屋根業界の方とともに地道に研究を行っています。現在の研究は、長寿命住宅の建物外皮について、約5年間継続しています。

 

この成果は近い将来、安心・安全・高耐久の屋根として、長寿命住宅に取り入れられることと思います。  (#⌒∇⌒#)ゞ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。