瓦屋根における瓦下空間と外気の換気回数はなんと約90回!桟木を乾燥できますよ~!

瓦屋根 瓦下空間の換気回数は多いですよ!

こんにちは~。
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

瓦屋根には、瓦同士の重なり部にわずかな隙間があります。
その隙間から瓦下の空間と外気の間で、どのくらい換気することができるのか調べました。

 

測定は愛知県半田市にある実験棟で行いました。

 

換気回数?

 

結果として、瓦屋根では、瓦同士の隙間を通過して起きる換気回数は約90回/hでした。(瓦下空間と外気の間)

実験の詳細は以下の通りです。

 

換気回数?

二酸化炭素をトレーサーガスとする換気回数の測定方法で行いました。

上図のように、CO2濃度センサーを瓦と野地の間に入れて測定しました。

換気回数?

上図は屋根面の断面構成となっていまして、屋根材は三州瓦F形を使用しました。(F形は瓦の中ではもっとも換気量が少ないタイプです。)

 

換気回数?

 

F形を施工して、軒先部・棟部を隙間ができないように塞ぎました。
瓦下に注入したCO2ガスは瓦と瓦の隙間から外気へと換気されます。

換気回数?

 

3回測定を行い、平均として、約90回/hの換気回数となりました。

 

このように換気量が多い瓦屋根は、瓦下の空間を常に乾燥させることになります。
わずかに瓦下へ雨水浸入した場合の水分や室内・小屋裏からの湿気を排出することができます。

 

この換気能力により、屋根材として耐久性がありますが、施工に使用する木部(桟木)や下葺き材も乾燥させるため、劣化を防ぐことができます。

瓦屋根がトータルとして、長寿命を実現できる秘密の1つです。
今まではイメージだけの話でしたが、実測して証明することができました。
 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。