ご自宅の住宅温度ってわかりますか? その2 築9年の住宅の実生活温度を測定しました!

こんにちは~。
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

実際に住んでいる住宅の温熱環境測定を行いました。

 

その2として、現在で築9年の木造住宅の測定結果をご紹介いたします。

 

2階建て、平成11年度省エネ基準の住宅で、屋根は粘土瓦+通気構法+遮熱シート、外壁はモルタル通気構法、小屋裏換気は軒天吸気、棟排気タイプです。

住宅温度測定?

天井断熱材はグラスウール10K200mmが設置されていました。

上のグラフは、夏季の温度測定結果です。

外気温35℃の時に、<pcolor=”#ff0000″>①小屋裏温度は38℃、②2階居室温度は33℃でした。

 

小屋裏温度が外気温に比べて、3℃しか高くありません。
化粧スレート・金属屋根では10℃以上も温度が高くなりますので、この遮熱結果は粘土瓦+通気構法+遮熱シートの効果です。

外気温に比べ、2階居室温度が低いのは、・軒の出があること ・サッシのグレートが高いこと ・天井、壁断熱材が厚いこと が影響しています。

上のグラフは冬季の温度測定結果です。

外気温より小屋裏温度が高くなっています。

粘土瓦+通気構法+遮熱シートの効果が、放射冷却による小屋裏温度低下を軽減させています。

野地合板の温度低下が軽減されるため、野地合板での結露の可能性も低下します。

 

住まい方がありますので、一概には言えませんが、暖房を使用する頻度が少ないようです。
1階の最低温度が12℃程度ですが、もう少し高くなるといいですね。
冬を考えるともう少し高気密・高断熱の強化された住宅がいいですね。

平成11年度の省エネ基準住宅では、夏・冬において、2階、1階の居室における1日の温度変化が小さいことがわかりました。

 

高気密・高断熱住宅では、熱の出入りが少ないため、少ないエネルギーで冷暖房を使用でき、冷暖房を使用することで快適性が向上します。
夏も冷房を使用することが必要です。
窓をあけて、自然の風と扇風機で過ごすには、適していないので、無理せず、エアコンを使用しましょう。

 

<pcolor=”#ff0000″ >また、粘土瓦+通気構造+遮熱シートで小屋裏温度が夏は涼しく、冬は暖かいことがわかりました。

屋根のリフォーム時には、住宅の温熱環境改善の1つとして(粘土瓦+通気構造+遮熱)も有効と言えます。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。