遮熱瓦 低放射式 クールスペック

新しい方式の遮熱瓦・クールスペックをご紹介いたします。

クールスペックとは、瓦の裏面に遮熱塗料を塗布する低放射方式タイプです。

屋根替えなどのリフォーム時に有効です。

 

遮熱瓦1

 

瓦の裏面処理だけなため、表面は今までの瓦そのままとなります。高耐久な釉薬三州瓦の意匠は維持できます。施工方法も今まで通りです。

遮熱瓦2

遮熱効果は大きく、小屋裏温度は、スレート屋根と比べますと約12℃低下します。通常の瓦屋根と比較しても、約5℃低下します。

遮熱瓦3

原理は以下となります。

 

遮熱瓦6
遮熱瓦4

 

日射で暖められた瓦から室内側へ輻射熱が伝わります。通常の瓦は放射率0.9と高く、多くが伝えられます。一方、低放射の場合、放射率が0.3と低いため、熱が伝わりません。この差で、遮熱することができます。

 

三州瓦の意匠性そのままで、遮熱することができるクールスペックは、土葺屋根のリフォーム用として最適です。安価に夏の暑さを軽減することができます。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。