透湿ルーフィングがJIS化 屋根も壁と同様に透湿性でワンランク上の安心を!

透湿ルーフィングがJIS化 屋根も壁と同様に透湿性でワンランク上の安心を

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

今日は透湿ルーフィングのJIS規格制定発表会が開催されました。

そもそも透湿ルーフィングってなに?って方はこちらをご覧ください。

図解 屋根に関するQ&A ~透湿ルーフィングってなに? Q006~

 

大企業の方が多く、東京の外苑前のお洒落なビルで行われました。

f:id:capuriclub:20170330164556j:plain

13社という多くの建築業界新聞・雑誌等の方が出席されてました。

f:id:capuriclub:20170330164810j:plain

透湿ルーフィング協会会長であるセーレン杉田様から挨拶がありました。

f:id:capuriclub:20170330165142j:plain

その後、透湿ルーフィング協会顧問の土屋名誉教授からJISA6111改正の経緯の説明がありました。

もともと、壁用の透湿防水シートについて、JISA6111規格が制定されていました。

今回は、それを改定する中に、透湿ルーフィングを屋根用透湿防水シートとして追加されました。

現在、サイディング・モルタルなどの壁の通気工法には、ほとんど全て透湿防水シートが施工されています。

今後の長寿命住宅/高気密・高断熱住宅を考えると当然、屋根も透湿防水シートが必要だよねとの流れからJIS化に繋がったと言えます。

屋根も壁も透湿防水シートと通気構法で呼吸する住宅へ

屋根も壁も透湿防水シートと通気構造で呼吸する外皮となります。

日本国内では、透湿ルーフィングは2000年から販売が始まりました。

18年の実績をもとにアスファルトルーフィングよりも高機能な高級ルーフィングとして、今後、日本の屋根を守る最先端の商品となるそうです。

ネガティブキャンペーンにより透湿ルーフィングは「雨漏りしやすい」と広まっていますが、そんなことはありません。

国土交通省の国土技術政策総合研究所(国総研)において、何度も送風散水試験を行いましたが、雨水浸入はありませんでした。

さらに、実際に私の自宅も透湿ルーフィングですが、(築10年)まったく問題ありません。

他にも数多くの物件を施工しましたが、雨漏りはありません。

(防水シートだから当たり前ですよね。)

長期優良住宅の屋根にピッタリ!

また、今回JISの試験の中に、耐久性を明確に打ち出しています。

なんと、50年相当の耐久性試験を行っています

長期優良住宅(75~100年)の屋根にはピッタリですね。

 

屋根断熱仕様の屋根にもピッタリ!!

もう1つお勧めの住宅は屋根断熱仕様の屋根です。

これはまさに、壁と同じ構造が屋根の構造となっているので、何も考えずに壁と同様に透湿性のある透湿ルーフィングとする方が安全サイドと言えます。

屋根断熱仕様は小屋裏がないため、点検口もありませんので、新築時の安全側仕様が重要となります。

予算がない建物や30年住宅では今まで通りでいいと思います。

しかし、高級住宅や長期優良住宅では、ワンランク上の安心・透湿ルーフィングもご検討されてはいかがでしょうか?

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。