高山でも恒例の屋根チェックを行いました!無垢板の屋根もありました!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

高山でも恒例の屋根チェックを行いました。

観光地となっていて、昔の街並みを維持している住宅の屋根を観察しました。

 

f:id:capuriclub:20170116190836j:plain

 

大変多くの観光客が古い街並みを散策していました。

その上の屋根は大体同じ仕様になっていました。

 

f:id:capuriclub:20170116191020j:plain

 

2階の屋根は赤丸のように金属屋根材となっていました。

また、2階の軒先には雪止と思われる立ち上がりが屋根面より20cm程度出ていました。

 

f:id:capuriclub:20170116191357j:plain

 

ほとんどの家の2階屋根は同様でした。

その下の下屋(1階の屋根)は数種類の仕様がありました。

白丸は粘土瓦仕上げですが、あまり多くは見かけませんでした。

高山は冬の寒さが厳しいので、粘土瓦はあまり使用されていなかったと思われます。

 

f:id:capuriclub:20170116191601j:plain

f:id:capuriclub:20170116191618j:plain

 

黄色丸は杮葺きと思われる仕様です。

特にケラバから見るときれいに木が重なり有っていて、大変高級感を感じました。

 

f:id:capuriclub:20170116191835j:plain

 

緑丸は無垢板仕上げとなっていました。

この仕上げも多くありました。

屋根を無垢板仕上げとしているのは、あまり見たことがなく驚きました。

2階の軒が大きく出ていて、1階の下屋に雨掛かりしにくい構造でした。

 

2階の軒裏を見ると、

 

f:id:capuriclub:20170116192451j:plain

 

ほとんどの屋根において、軒先の野地板が雨水浸入により劣化していました。

この現象は日頃から問題視していて、金属屋根材のウィークポイントなのですが、金属屋根材を昔から多く使っている地域でも同様に起きていることがわかりました。

 

高山の古い街並みは独特の仕様を継承し続けています。

黒い木造の街並みを写真に撮っている外国の観光客もたくさんいらっしゃいました。

高山の木の文化は地域が大切に守っているなぁ~と感じました!

 

f:id:capuriclub:20170116193816j:plain

 

木製の招き猫が多くの観光客を招いていましたよ~!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。