今日もまたまた、、化粧スレート屋根に多くの踏み割れが! みんな気付いて!!

今日もまたまた、、化粧スレートに多くの踏み割れが!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

築10年過ぎの化粧スレート屋根を観察しました。

太陽光パネル設置なし、再塗装なしの現場です。

つまり、新築時以外屋根に誰も載っていない屋根ということです!

f:id:capuriclub:20161011212607j:plain

今日もいつもと変わらず、たくさんの割れがありました!

相変わらず、たくさんの割れがありました。

f:id:capuriclub:20161011212758j:plain

パックリと横割れです。

f:id:capuriclub:20161011212840j:plain

軒先部が完全に割れて、本体からズレ落ちています。

この辺の割れはお施主様でも見れば割れているとわかるのですが、屋根の上を観察できないので気付いていません。

その他にも、一般の方ではなかなか気付かない踏み割れも数多く見られました。

踏み割れの形態は?

①横割れタイプ

f:id:capuriclub:20161011213210j:plain

f:id:capuriclub:20161011213436j:plain

②前後継ぎ目の割れタイプ

f:id:capuriclub:20161011214019j:plain

f:id:capuriclub:20161011214050j:plain

f:id:capuriclub:20161011214117j:plain

f:id:capuriclub:20161011214142j:plain

③釘による縦割れタイプ

f:id:capuriclub:20161011214352j:plain

f:id:capuriclub:20161011214427j:plain

f:id:capuriclub:20161011214530j:plain

これらの割れは残念ながら、スレート屋根を見慣れた、屋根の専門家しか気付きません。

 

住宅の屋根材が割れていることをちゃんと考えてみます!

例えば、基礎・外壁の点検の場合、基礎・外壁のクラックはクラックスケールで幅および長さを計測します。

住宅調査(ホームインスペクター)ではクラック幅0.5㎜以下は軽微な不具合としています。

0.5㎜以上では不具合事項となり、何らかの対処が必要となります!

また、幅0.2㎜程度であれば十分、毛細管力により浸水すると言われています。

 

屋根の場合は踏み割れに対して、基準があるかと言いますと明確にはありません。

通念上、雨漏りの心配がありますので、「踏み割れがないこと」業界基準と言えます。

つまり、化粧スレートの踏み割れはクレーム対象です。

雨漏りしてないなら、問題ないでは済まされないことでは!!

 

なぜ?踏み割れしているの?

それではなぜ、クラックが発生したのでしょうか?

実は施工中の踏み割れによるクラックです。

お施主様が新築時に気付いていたら、補修をお願いするのではないでしょうか?

また、10年以内の点検で発見された場合はどうでしょうか?

確実にクレーム扱いだと思います。

 

しかし、屋根は壁と比べて、お施主様の目に触れることが少ないため、点検自体もほとんど行われていないと言えます。

点検しても地面から屋根を眺めるだけでは発見できま

そのため、踏み割れの問題があまり認識されていないのです!

でも、ホントに今日もまたまた、、踏み割れているのです!

まとめ:スレート屋根は必ず踏み割れしています!

化粧スレート屋根は多くの分譲住宅に採用されている商品です。

是非、5年、10年時に屋根の点検を実施されることをお奨めいたします。

ほとんどの現場で踏み割れが発生しているので、交換してもらってくださいね!

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。