築150年以上経過した古民家を見学しました‼︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

最近、古民家に少し興味を持っています。

ちょうど、タイムリーな展示建物がありましたので、ご紹介いたしま〜す!

 

f:id:capuriclub:20160805191948j:image

 

f:id:capuriclub:20160805192101j:image

 

浜松にある旧高山家住宅です。

150年以上前の安政(1854〜1860)に建てられた小規模な民家建築です。

 

右側は土間で、左側に二部屋の造りです。

 

f:id:capuriclub:20160805192812j:image

 

右側の土間には、かまどと台所があります。

 

f:id:capuriclub:20160805193012j:image

 

f:id:capuriclub:20160805193031j:image

 

左側のなんどには、ほうきが掛けてありました。

 

f:id:capuriclub:20160805193157j:image

 

神棚ととこがあります。

 

f:id:capuriclub:20160805193238j:image

 

f:id:capuriclub:20160805193444j:image

 

収納がないなぁ〜と思ったら見つけました‼︎

 

f:id:capuriclub:20160805193558j:image

 

天井が一部開口していて、小屋裏収納がありました。

 

屋根は茅葺き屋根でした。

 

f:id:capuriclub:20160805193848j:image

 

壁は土壁と障子になっていました。

 

f:id:capuriclub:20160805194004j:image

 

基礎はグリ石でした。

 

f:id:capuriclub:20160805194059j:image

 

なぜか?一部だけひさしに瓦が施工されていました。

 

f:id:capuriclub:20160805194313j:image

 

といは竹が使われていましたが、落ち葉がびっしりでした。

 

この建物は1980年にここへ移築されたそうです。

すでに36年が経過しています。

昔の家は長持ちしますね〜。

 

古民家再生では、移築というよりは、古材の活用かもですが、いいものは大切にしたいですよね〜‼︎

 

また、今の新築で奥様がこだわって選ぶキッチン、バスルーム、トイレなどはありませんでした。

長寿命住宅なら設備より構造躯体・建物外皮が重要ですね〜‼︎   (o^^o)

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。