古民家再生の勉強会、「価値を伝える」ことが重要‼︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

今日は古民家再生の勉強会に参加しました。

大変興味深く壮大なお話でした。

冒頭、ホワイトボードに数字が書かれました。

 

f:id:capuriclub:20160707222848j:image

 

1980年に94万人、2010年に40万人、2020年に21万人って誰の数かわかりますか?って⁇

 

答えは、大工さんの人数だそうです。

 

このまま、大工さんが減り続けると木造のリフォームや増改築、伝統構法をできる大工さんがいなくなってしまいます。

そこで、大工さんを育てるプロジェクトを行うそうです。

なかなか話が大きく、消化できていないのですが、夢のあるものでした。

 

f:id:capuriclub:20160707224116j:image

 

大変、分厚い教科書もあり、座学も充実していました。

 

f:id:capuriclub:20160707224422j:image

 

みんな、まじめに議論していました。 

 

幾つかおもしろい話がありました。

 

●国産材の木材を使用しないことが花粉症の一因でである。

 

●お金持ちは高価であっても高級車をのる。

  ➡︎住宅においてもお金持ちはいいものを知っていれば、高くても購入する。

      ➡︎消費者に伝わっていないから価格競争になっている。

          ➡︎徹底的に価値を教えることが重要である。

 

●市場を創る。時間をかけてでも。

 

●「食育」ならぬ「住教育」が必要である。

  住宅の維持保全などの基本を学ぶ。

 

などのことが強く印象に残りました。

今後も勉強して行きたいと思いま〜す。

 

最後に、協会が発行している雑誌の表紙です。

 

f:id:capuriclub:20160707231011j:image

 

「Japatra」後世に伝えたい日本の伝統   という雑誌です。

この写真は、打刷毛と呼ばれるもので、掛け軸などの和紙の糊付けで、使用されるそうです。

 

残さないといけないものを考えることはむずかしいですが、それを実行しているのに感銘を受けました!  o(^▽^)o

 

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。