新型天窓・スカイライトチューブ  土葺き屋根の巻

 

こんにちは~。

”お部屋が暗いなぁ-とお悩みはありませんか?”

新型天窓・スカイライトチューブ愛知です。

スカイライトチューブの施工事例をご紹介!

 

【この記事はざっくりいうと...】

土葺き屋根の巻

 

愛知県には、日本一の瓦産地・三州瓦があります。(弊社もそうです)

地元ということもあり、住宅の屋根は瓦文化です。

さらに、20年以上前の屋根は、日本瓦の土葺きが圧倒に多かった・・・

いい粘土が取れる地域だったので、壁では土壁、屋根では土葺きの仕様でした。

土壁・土葺きの家は長持ちするので、今でも数多く存在しています。

もちろん、スカイライトチューブは雨漏りの心配もなく、設置可能ですよ~!

屋根プロによる設置なので、ご安心ください!!

 

施工手順

 

立派な日本瓦屋根です。

瓦にずれもなく、切り落としと呼ばれる一文高い瓦です。

明るくしたい室内の場所に合わせて、屋根の取付位置を決めます。

決めたら、その部分の瓦をはがします。

次に、葺き土をはがし、下地を直して、防水紙を設置します。
ここの処理が重要で、雨漏りをさせないために、水の流れを理解した雨仕舞という考え方のもと、丁寧かつ念入りに施工します。

スカイライトチューブの配管を通すために、野地を開口します。

万全な止水対策のもと、和瓦専用のルーフベースを設置します。

周辺の瓦を戻して、雨仕舞はバッチリ!

集光するドームを取付け完成です。

日本建築は北面に台所が多く、暗いお部屋も多いと思います。

太陽の自然なキラキラした光を取り込むと、より明るい気持ちになると設置された方からお聞きします。

愛知の和風住宅の暗いお部屋がありましたら、是非、ご相談くださいね~!!!

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。