モザイクタイルミュージアムは見所満載!面白い!多治見

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

今日は多治見のモザイクタイルミュージアムに行きました。

とてもおもしろかったですよ〜!

 

f:id:capuriclub:20161210160842j:image

 

展示内容も盛り沢山だったので、後日、ご紹介いたしま〜す!

 

『まちとタイル』がコンセプト〜タイルが活きるのは、「まち」の中で使われてこそ〜ということで、笠原町の中心にミュージアムがあります。

 

f:id:capuriclub:20161210172144j:image

 

外観はとってもユニークです。

 

f:id:capuriclub:20161210161252j:image

 

タイルの原料である土の採掘場をイメージしているのかな?

 

f:id:capuriclub:20161210162458j:image

f:id:capuriclub:20161210162655j:image

f:id:capuriclub:20161210163254j:image

土壁にはタイルや茶碗、お皿などが埋め込まれています。

 

大きなミュージアムの入口はこじんまりして、その上のひさしはかわいくデザインされています。

 

f:id:capuriclub:20161210162831j:image

f:id:capuriclub:20161210163014j:image

 

細かいデザインですが、そのひさしには小さな明かり取りの丸穴が開いています。

 

 他の壁面も独創的です。

 

f:id:capuriclub:20161210163532j:image

 

屋根と壁の境界が無く、曲面を300角程度のタイルが覆っています。

両サイドには、植栽が全周設置されていました。

 

f:id:capuriclub:20161210163825j:image

 

私が気に入ったのは、その両サイドにはメンテナンス用のはしごが設置されていたことです。

この植栽や壁をメンテナンスするのに、毎回、足場を組んでは費用が莫大ですから。

 

また、駐車場のトイレは地元の人々も加わって共同作業で、タイルを施工されたそうです。

 

f:id:capuriclub:20161210164825j:image

 

よく見ると壁だけではなく、屋根もタイルっぽいです。

 

f:id:capuriclub:20161210165002j:image

 

トイレの中に入ってみると野地板が曝露していました。

ミュージアムがオープンして半年ですが、よく見ると雨漏りの痕が数箇所ありました。

モザイクタイルの素晴らしさがよくわかるミュージアムでしたが、屋根は瓦の方が「餅屋は餅屋」で、雨漏りを防いで、安全安心ですよ〜!

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。