市民映画倶楽部 CLIPの撮影が市内で行われたのでお手伝いに行きました

CLIPの撮影でした

市民映画倶楽部 CLIPの撮影が高浜市内で
行われました。
加藤行延監督の「この街の交響曲(シンフォニー)」です。

加藤監督は以前のご紹介blogでも書きましたが、
高浜市と我々KidsNow実行委員会で制作した
タカハマ物語2~心のツバサ~とスピンオフ三部作の
監督・脚本を務めていただきました。

そんな御縁からのお付き合いです。

撮影場所は困った時のリバーストーンさんでした。

リバーストーンさんは昼間は喫茶店、夜はPUBで
みんな気軽に利用しています。
マスターとママも気さくな方で料理も美味しくて
リーズナブルな金額で自分は困るとリバーストーンさんに
お願いします。

さて、今日の撮影は・・・

さて、今日の撮影シーンはと言うと・・・。
どうやら合コンのシーンでそれも夜のシーンでした。

リバーストーンのPUBスペースに入ると
暗幕で窓が覆われていて、暗い感じでした。
そしてなお且つ、エアコンの音がマイクに入るのを
防ぐためにエアコンを切っていて「暑い~」の
状況でした。((+_+))

女優さんが汗をかかないように
テストの時は後ろからうちわで扇いであげて・・・。
裏方での手伝いはこんなもんです・・・。

そして今回の撮影のメインシーンが
近づいてきました

今日の撮影は一発のシーンがメインです。
右側のワイシャツの方に向かい側の女性が
水をかける・・・。一度濡れると髪の毛や
服も濡れてしまうので、取り直しが効きません。

商業映画ですと予算もあり、メイクさん、衣装さん
いるので何度でもできますが、そこが市民映画の辛いところです。

「はい本番」「よーい スタート」・・・。

そのシーンは出来上がってからの
お楽しみにしてください。

まだ、今年度いっぱいのクランクアップですので、
まだまだ撮影は続きます。
自分もしっかりと楽しみながら参加したいと思います。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。