碧海信用金庫の青年部である「高浜碧青会」の総会と経営セミナーに参加しました!

平成30年度の総会が開催されました

碧海信用金庫の得意先で構成されている
高浜碧青会の総会が開催されました。

磯貝正博会長のご挨拶からはじまりました。
輸送機関係の企業さんはそれなりに順調な景気だけれども、
中小零細企業は大変厳しい流れなので、
会員同士で情報交換をしながら厳しい時代を
前にすすみましょう。とのご挨拶でした。

続いて、総会の議事へと移りました。

総会では、平成29年度の事業報告・決算・
平成30年度の事業予定・予算案が審議されました。

議案も全て承認可決されましたので、
平成30年度の高浜碧青会も順調に活動がスタートします。

磯貝会長は勉強家ですので、今年度の経営セミナーは
きっと聞きごたえのあるセミナーになるのでは?と思います。

経営セミナーが始まりました、講師の先生は・・・

クレーム処理研究会主宰されている
川田茂雄先生で累計65万部を超える大ベストセラー
「社長をだせ!~実録・クレームとの死闘」の著者でも
あられます。

大手カメラメーカーのNikonに努めておられ、
消費者相談室、サービスセンター所長を歴任されて
20数年以上クレーム対応をされてこられ、実践で得たノウハウに
基づいた「百戦百勝のクレーム対応の極意」を伝授されておられる先生です。

大変貴重なお話を聞かせていただきました。

消費者にある四つの権利・・・

消費者には四つの権利があると言われているそうです。

・安全を求める権利
・知らされる権利
・選ぶ権利
・意見を聞いてもらえる権利

以上があるので、クレームをつける人を
毛嫌いせずによく聞き・ねばり強く聞くこと。
であると。

1962年にアメリカのケネディー大統領が制定した
「消費者基本法」に基づき現在の法整備が
なされているようです。

いろいろと為になるお話は聞かせてもらいましたが、
ポイントは部下の話を聞き、また、部下は必ず報告を
入れる。

最前線の担当者を孤立させない。
情報共有をしっかりのとして、最前線の知識を
勉強してお客様の気分をかえることが重要だと・・・。

屋根の施工や修理は施主様が勘違いされたり、
変な業者が悪知恵を施主様につけたりして、またに
クレームにつながる事があるので、
しっかりと肝に銘じていきたいと思います。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。