雨でも行います、青色防犯パトロール ホットスポットを念入りに・・・!

雨でも青パト防犯パトロールは行っています

高浜南部まちづくり協議会で青色防犯パトロール車を
使っての防犯パトロールを行っています。

雨の日でもパトロールを行います。
碧海・二池・田戸町をランダムにパトロールを
行います。

昼間は港小学校の児童の下校時間に合わせて
パトロールを行います。また、通学路に合わせた場所に
まち協や町内会の方が辻に立ってくれてもいます。

地域全体で「我がまちは我々の手で・・・」との
強い意識を持っています。

ですからたとえ強い雨が降っていてもパトロールは
欠かせません。

今回は少年補導員のポッポ君と一緒です

この雨の中のパトロールは補導委員のポッポ君と
一緒のパトロールです。因みに自分は「安全なまちづくり
推進委員」の委嘱を愛知県公安委員長より受けています。

雨の中でも防犯意識の強い二人で三町の隅から隅まで、
パトロールを行いました。
さすがに雨が強く降っているので、
外を歩いている方や子ども達は見かけませんでしたが、
傘をさしての自転車の人や無灯火の自転車・
スマホを聞きながらの自転車の方を見かけると
マイクを使って注意を促します。

事故が起きてからでは遅いですから・・・。

ランダムパトロールから
ホットスポットパトロールへ

南部まち協のパトロールは現在、ランダムパトロールが主流ですが、
これからは「ポットスポットパトロール」に変更していきます。

ランダムパトロールは防犯啓蒙活動には役立ちますが、
犯罪を起こす人達の意識からすると効果的ではありません。
犯罪者の心理に立って人目が付きにくい場所などを
重点的に滞留してパトロールをする方式に変更します。

犯罪者を隠れさせない、寄せ付かせない事が重要ですので、
そんな場所を重点的にパトロールを行います。

時には青パトから降りて徒歩でパトロールします

公園などは車から降りて徒歩でパトロールを
行います。トイレや休憩所などを点検・観てまわります。
ゴミが散らかっていないか?いたずらされていないか?
落書きされていないか?犯罪者の居やすい場所に
ならないように注意して回ります。

ここでホットスポットになりやすい場所を
写真でお見せします。

一見きれいに見える公園の垣根にみえますが、
外からは死角になっています。
こんな場所が犯罪者からすると「密室」に見える
そうです。これがホットスポットなのです。

こんな場所が犯罪の温床になりやすいので、
積極的にパトロールをして減らしていかないと
ダメだと思います。

一人一人の心がけで安心なまちに
生まれ変わります。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。