平成30年度の総合防災訓練の反省会を開催しました

総合防災訓練の反省会

平成30年度の高浜市総合防災訓練・南部地区会場の
反省会を南部第2ふれあいプラザで開催しました。
当日参加された団体が集まりました。

南部まちづくり協議会・碧海町・二池町・田戸町・
市役所都市防災グループ・婦人の会・赤十字高浜支部の
面々でした。

活発な意見がたくさんでました

当日に行った訓練の流れについて
一通りの反省と来年の訓練会場や通常の
防災勉強会などについても活発な意見が
出て、防災意識の高さ(危機感)が現れた
反省会になりました。

南部まち協の防災士である福島さんから
現在、南海トラフ地震の震源地にあたるエリア
では報道されていないけれども「スロースリップ地震」が
地中の奥で起こっていて、巨大地震につながる
可能性が高まっているので、明日かもしれないし
30年後かもしれないが、南海トラフ地震は確実に
起こるんです・・・。との指摘がありました。

今後の防災訓練につなげるために・・・

今後の防災訓練やいざ発災したときの為に
事前に準備できる事は事前に行う必要がある
ことが前回の訓練で改めて浮きぼりになりました。

受付や通路・授乳室・更衣室など事前に想定できる
事はあらかじめ用紙をつくりラミネート加工したものを
受付キッドとして用意する。

はそりはプロパンガスが無くなった前提で
薪を使っての炊き出し訓練を行う。

足の悪い人用のトイレの配置位置の問題、
違法駐車の対策、個別防災学習会の
開催などが提案されてました。

また、地区・学区を超えたエリアでの
訓練や意思の調整が必要だとなりました。

一つ一つを用意してイザに備えないと
いけないと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。