こども110番のぼり旗交換作業を小雨の降る中で行いました。

延び延びになってしまった交換作業

港小学区には学区内三町に、こども達の安全安心の
為に「こども110番」ののぼり旗が120本ほど
設置されています。

こののぼり旗は子ども達が不審者や交通事故などに
巻き込まれた時に避難できる大人のいる場所の
目印として、学区内の企業さんや商店・日中にどなたかが
居るお宅にお願して設置をさせていただいています。

毎年、4月と10月に交換作業を行うのですが、
10月に予定していた交換作業の日が雨天であったり
台風上陸通過に重なったてめに延期延び延びになっていました。

台風が二つ通過でボロボロになってました・・・

今年は台風が3つ通過し、愛知県は2つ上陸通過をしたので、
のぼり旗は紫外線や風雨での劣化に加えて台風の強烈な風で
ビリビリになり、ポールも折れてしまっていたりでこども達の
避難場所の目印としてまったく役に立たない状況でした。

小雨のなかでの交換作業でした

おやじの会メンバーとPTA・キッズクラブ・先生方で
学区内の手分けをして交換作業を行いました。

もちろん事前にご家庭で交換できる方は
事前に配布をして交換をしてもらいました。
それでも小雨の降るなかで2時間程かかって全てを
交換したり追加で設置したりと大変でした。

こども達の安全安心が確保できる港小学区に
なることを願っています。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。